ペットの足音の簡易防音対策

1日は24時間!

そのほとんどを寝て生活している我が家の猫ですが・・・・・

今朝の4時頃から30分程、一人での運動会を久しぶりに開催していました。

お風呂場から廊下から部屋など、永遠にグルグルと走り回っています。

そして、立ち止まっては、ニャンニャン鳴いています。

最近、静かだったのですが、何もかもが寝静まっているこの時間帯に大騒ぎをされると、とても音が響いてしまいます。

体重8kgの雄、生まれてから12年目の春、何故かめ早朝のひとり運動会と発声練習に目覚めました。

「できれば静かに寝てほしい、ご近所迷惑、だいめいわくです」

猫の体重が重くて、早朝に走り回る足音が響く事で悩んでいる人はどれくらいいるのでしょうか?

ん~ん、そんな人いるのかな?

マンションなどで犬の足音が気になるという話は聞いた事がありますが、人間が寝ているときは犬も寝ているので安眠妨害にはならないような気がします。

ただ、今回はかなり長い時間走り回っていました。

どうしましょうか。

防音タイルカーペット

現在、防音効果もあるタイルカーペットの購入を検討しています。

探せば、リーズナブルな製品もあるようです。

防音タイルカーペットの利点

50cm×50cmのサイズになっているので、ペット(犬)がうれしょんしたり汚したりしても、その1枚のみを取り外して丸洗いができますし、予備があればその部分のみ交換可能なので便利です。

裏地の底面が硬質ゴム系の素材となっているので、めくれにくくなっており、はっ水、防汚、静電加工のほか、防音、防ダニ加工がしてあるので、ペットやお子さんにも最適です。

50m×50cmの20枚で4,680円の場合、1枚234円、1平米辺り 936円となります。

百均の30m×30cmの製品の場合、1平米辺り 1,111円となるので安い製品の場合はお得になる事があります。

防音タイルカーペットの気を付ける所

裏のゴム面にカッターを入れて折りたたむように曲げれば簡単にカットできますが、床に隅々まで敷き詰める場合は多少取り付け作業が発生します。

床面にしきつめるとズレにくいですが、壁と設置しない部分の端の部分には厚めの両面テープを貼って固定した方がよいかもしれません。

タイルカーペットの厚みが4~6mm程度あるので、つまづく場合は見切り棒の取り付けやその他の対処が必要になる可能性があります。

タイルカーペットの厚みで、ドアの開閉時に建具の底がこすれて開け閉めに支障がないか確認が必要です。

1ケースに20枚入っていますが、裏面がゴムなので、1枚900g程度で1ケース約18kgあるので箱ごと持って移動するには腰に負担がかかります。

購入する場合は家まで宅配してもらう事に決定ですね。

床下の防音の応急処理

とはいえ下の階の人に迷惑なので、タイルカーペットを購入して届くまでに応急処置をしたほうがよさそうです。

ということで、近所の100円ショップに行ってきました。

廊下用に1cm厚のスポンジ製のマット、(緑)30cm×60cmを4枚、(茶)30cm×30cmの2枚組を2セット、合計600円分を購入してきました。

茶色の製品は売り切れましたよ!

2つのメーカーが違う為か、緑と茶色はジョイントの目が違うようで、つなげる事はできないようでした。

廊下の簡易対策

とりあえず、廊下に1列に設置してみました。

新しいものには、興味津々なので、猫さんがやってきました。

そして、・・・・・・爪とぎ開始です。

バリバリという音が奏でられました。

ものの数秒で、穴だらけです。

ネコには、表面が布など生地が取り付けてあるスポンジ製のマットのほうがよさそうですね。

簡単に爪で穴があくようです。

簡易的なので、いいのですが、軽いし滑りやすいので数か所裏に両面テープを貼って固定したほうが良さそうですね。

部屋の床の簡易対策

これは床の写真です。

部屋の床面には、じゅうたんの下に段ボールを敷き詰めてみました。

これで、とりあえず遮音対策になりそう?

床下の防音対策、翌日の結果

設置した次の日、一人運動会は開催されず・・・・・・たぶん。

100均での足音の防音対策効果があったのかどうか、不明です。

ちょっと、残念です。

ただ、緑のマットに爪とぎの跡が増えていたのを発見できました。

そして、緑のマットの上をゆっくりと、我が家の猫さんが歩くと、「ミチリ、ミチリ」と音がします。

体重が重いって・・・すごいですね。

離れていても、猫がどこにいるか分かるようです。

その後、「メリ、バリ、バリ、バリ」という爪とぎをしている音が聞こえてきました。