蛇口の水漏れ修理「TH738」部品交換と低価格での修理

1カ月程前、水道の蛇口からポタポタと水漏れした時に、水道器具の内部のコマを掃除しました。

それから、今まで、水漏れが改善されております。

蛇口から水漏れしている場合は、コマを歯ブラシなどで掃除をするとなおる可能性があるので試してみるのをお勧めします。

コマを掃除する場合、水道の元栓を閉める前に、掃除用に水を用意しておくと便利です。

尚、10年程使用していると、コマにもサビが出てきています。

それらの、ゴミを歯ブラシなどで取り除く事で、水漏れが改善されるようです。

わが家の蛇口の部品は、ノンライジング型となっており、近所のホームセンターでは売っていませんでした。

しかも、調べるともう蛇口の器具本体は廃番となっていました。

そのうち、内部の部品の製造が無くなる可能性もあるかもしれないので、代用品でなおるか試してみました。

正規品の部品交換の場合

蛇口から水がポタポタ漏れる場合には、コマという部品を交換するようになりますが、蛇口の種類によってコマの形状が変わっているようです。

TH738:開閉バルブ部(ノンライジング型)

わが家の水道の蛇口はTOTOの製品で、内部に品番がTH738の部品を使用しています。

水漏れ修理をする場合は、右の画像のコマ(品番:THY222-6)を交換します。

このコマを上下に稼働させて、水の流れを止める役割をするのが、左の画像のスピンドル(開閉バルブ)ノンライジング型(品番:TH738)となっており、これを注文した場合は、コマ(THY222-6)とセットになっております。

コマ交換前には水道の元栓を必ず閉めて、水が止まっているか水道の蛇口を開けて確認します。

その後、①~⑤の順に部品を取り外してコマを交換します。

ハンドル部分から水漏れしている場合などは、バルブ本体の交換も検討したほうがよいかもしれません。

コマのみ交換ができるので、ある程度費用が安くなります。

TH738の部品を利用している器具の品番

蛇口品番 商品名 備考
T20A 壁付2ハンドル混合水栓
T20A1 壁付2ハンドル20 廃番
T20AB 壁付2ハンドル13 廃番
T20B 壁付2ハンドル混合水栓
T20B1 壁付2ハンドル20 廃番
T20BB 壁付2ハンドル13 廃番
TKG20B 壁付2ハンドル13 廃番
TKG20B1 壁付2ハンドル13 廃番
TKG20B2 壁付2ハンドル13 廃番
TKG23A 台付ハンドル13 廃番
TKJ20AA 壁付2ハンドル13 廃番
TKJ20AR 壁付ツーハンドル湯水混合水栓13 廃番
TKJ20BA 壁付2ハンドル13 廃番
TKJ20BR 壁付ツーハンドル湯水混合水栓13 廃番
TKJ23R 台付ハンドル13 廃番
TLS21 台付2ハンドル13 廃番
TMG20A 壁付2ハンドル混合水栓 廃番
TMJ20AA 壁付2ハンドル13 廃番
TMJ20AR 壁付ツーハンドル湯水混合水栓13 廃番
TMS24C 壁付2ハンドル混合水栓
TMS25C 壁付2ハンドル混合水栓
TMS25C1 壁付ツーハンドル湯水混合水栓13 廃番
TMS26C 壁付2ハンドル混合水栓
TMS26C2 台付2ハンドル湯水混合水栓13 廃番
TMS26C2N 台付2ハンドル13 廃番
TMS26C2R 台付2ハンドル13 廃番
TMS26C2S TMS26C2S 廃番
TMY10 壁付2ハンドル混合水栓

品番は、シールなどが蛇口に貼られています。

廃番になっている製品が多い事に驚きますね。

カクダイ9072で交換

ホームセンターなどでよく見かける部品で、KAKUDAIの9072、水道用ゴムつきケレップ(呼13用)になります。


左が正規品、右が9072の部品です。

ゴムの部分のサイズは同じで、裏のピンの長さもほぼ同じ長さです。

違っているのは、ゴムの厚みとゴムの下地の金物の形状だけです。

段ボールにピンの部分を突き刺している為見えませんが、下側にちゃんと同じ長さと太さのピンが付いています。

蛇口の断面はこのような感じになります。

水漏れ防止のシールテープは100均でも売っています。ハンドル部分から水が漏れてくるようであれば、数回巻きます。

わが家の蛇口の品番「TKJ20BA」にカクダイの9072に交換してみました。

ピンの太さも同じなので、垂直に動いているようです。その為、現状は問題なく水を止める事ができています。

器具が廃番になっても、この部品で対応が出来るようです。

TH737とTH738の違い

わが家の蛇口の部品で、もうひとつTH737の型番のものがあります。

一緒に発注してみました。

見た目はTH738とまったく同じです。

なにが、違うのでしょうか?

上がTH737、下がTH738になります。

違っている所は、TH737は先端のコマにあたる部分が、本体と一体化しています。

TH737はハンドルを回した分だけ、きれいに上下するようになっているようです。

その為、水漏れした場合は、コマだけの交換はできずに、バルブ本体ごと交換するようになります。

水漏れで部品交換の場合は結構費用が発生するようですね。

おまけ

今回100均で購入したものです。

車やバイクなどを持っている方は持っていると思いますが、家庭でレンチを使う事はあまりないと思います。

購入する場合はフリーレンチなどを選ぶと1台で色々なサイズに対応できる他に、収納するのにもスペースを取らずに便利なようです。