携帯電話を紛失して得た教訓

この間に起きたハプニングです。

外出先から帰ってきてから、しばらくして携帯電話が無い事に気が付きました。

部屋の中を色々と探したのですが、見当たりません。

自分の携帯に電話をかけてみたのですが・・・・部屋の中で携帯の呼び出し音は聞こえてきません。

紛失?・・・どこかで落とした?

インターネットで検索

たしか、落とした携帯の場所を調べてくれるサービスがあったようなないような?

とりあえず、「携帯 紛失 探す」でネットで検索してみると、ソフトバンクの「紛失ケータイ捜索サービス」という項目がありました。

私はソフトバンクなので、ここに載っている番号に電話すればいいようですね。

ちなみに受付時間は24時間となっていました。

ソフトバンクカスタマーサポートに電話する

電話すると、自動音声がながれてきました。

紛失捜索サービスを選択したあとに、自分の携帯番号を電話機のプッシュボタンで打ち込みました。

その後、携帯電話を契約した時に設定した暗証番号を押してくださいと言われました。

・・・・・・・はて?

そんな昔の事は覚えていないよ!

携帯電話は購入した時は「0000」か「9999」とかに初期設定されていたのではなかったのかな?

両方試してみましたが、「違います」という返答が返ってきました。

別の4桁の番号を打ち込んでみても「違います」と言われた後に、オペレーターにつなぎますとの音声がながれてきました。

オペレーターの方が電話口に出てきて、名前と生年月日を聞かれて、本人確認がOKとなりました。

携帯電話の位置捜索

捜索にあたって、電源が切れている場合は位置情報を調べる事が出来ないとのことでした。

しかも、1回だけサービスで捜索しますが、2回目以降はオプション契約となりますといわれました。

1回だけでOKと伝えて調べてもらうと、どうやら電源が切れていて不明なのですが、最後に確認できる位置は11時頃に○○〇〇の住所の300mあたりになりますとの事でした。

(うん、その時間は電話していたので覚えているよ)

出かける前に携帯を見た時にバッテリー容量が少なかったのですが、帰宅後に自分の携帯電話にかけて着信音を鳴らし過ぎたために、電源がなくなったようですね。

そして、現在どこにあるか不明の携帯電話を使用不可にしてもらって電話をきりました。

ソフトバンクの位置ナビ

あとで知ったことですが、月額料金と捜索費が発生するようですが、パソコンから携帯電話の位置がわかるサービスがあるようです。

子供の居場所やお年寄りや家族がどこにいるのか確認できるので、利用している方もいるようですね。

また、災害時などはどこに避難しているのかがわかるので便利な気がします。

ソフトバンクの位置ナビはこちら

携帯電話を足で捜索

基本的に歩いている時に落とした場合、落下した時に音がするので気が付くと思います。

という事は、椅子座ったときにこぼれ落ちた可能性が高く、本日、椅子に座ったのは2回のみです。

そこで、本日午前中に伺った病院の待合室の椅子と薬局の椅子まわりを調査する為に出かけました。

現地について探しましたが見当たらず、受付の方に落とし物として届けられていないか伺ったのですが何も無いようでした。

・・・・これはもう無理? このまま携帯ショップに行くべきなのか?

歩きつかれたので、とりあえず帰宅

携帯電話を紛失しても、番号変更なしで機種変更できると聞いたことがあります。

しかし、問題は知り合いの電話番号が分からなくなった点ですね。

県外の知り合いは・・・・どうやって連絡して調べればよいのか?

年賀状に電話番号知らせておくれと書いてみようかな・・・などと考えながら、疲れたので一度帰宅しました。

服を脱いで、クローゼットにしまっている時に、ゴトっと奥で何か落ちる音がしました。

「ミッション終了~」

他の服に絡まって落ちていたなかったであろう携帯電話が発見されました。

そして、ソフトバンクのカスタマーサポートに電話して、携帯電話の通話を復旧しました。

一度携帯電話の電源を切って入れなおすと通話できるとの事でした。

教訓

携帯電話の充電は重要だと思い知らされました。

電源が切れていなければ、最初の捜索の時に自宅の住所を知らされていたのでしょうから、部屋の中ですぐに発見できたように感じます。

又、知り合いの電話番号はパソコンなどに控えていたほうが良いなと思った日となりました。

携帯電話を紛失すると疲れるというお話でした。