ヒヨリ猫兄さんが役に立つ時

おやつが大好きな猫さん達です。

いつも与えている時間になると、台所に猫が集まってきます。

さすがですね。

ニイニイさんは、幼い頃は黒缶というウェットフードが大好きでした。

ちなみに、ヒヨリさんはあまり好きではないようで、残していました。

猫にも好みが存在するようです。

そして、12歳となったニイニイさんは、おやつをあまり食べなくなったと聞いていました。

味に対して厳しくなっているようです。

これまで、数種類を与えてみました。

唯一フレーク状のこの製品は食べてくれます。

食べてくれるのですが・・・・・・、

半分ほど食べると、ごちそうさんという事で、立ち去ってしまいます。

ちゅ~るのようなペースト状になったおやつは、臭いをかいだだけで逃げていきます。

好き嫌いの基準がいまいち不明なニイニイさんです。

ヒヨリさんは、いつも通りお腹を床につけていかり肩状態で食べていましたが、完食したようです。

あちらを見て・・・・

こちらを振り返ると・・・・・!!

食べ残してあるお皿をみつけました。

喜んで、残ったおやつを処理してくれます。

処分しなくて済み、Win-Winの関係でとても助かっています。

完食です。

一応、もう一度自分のお皿を確認しますが、空っぽです。

満足して立ち去っていくヒヨリさんです。

このあと、爪とぎをして、水を飲んでから床に横になるのがいつもの行動パターンとなっています。

今までに、ニイニイさんに数種類のおやつを試してみましたが、少々食べてくれたのが1製品だけした。

それ以外は食べてくれなかったのですが、おやつを与えている時間になると、ニイニイさんも台所にやってきます。

少量しか食べてくれませんでしたが、おやつは楽しみにしているのかもしれませんね。

本当は、幼い頃好んで食べていた黒缶を試してみたいのですが、ヒヨリ処理隊長があまり好きではありません。

その為大量に処分する可能性があるので購入するのを恐れています。

まだまだ、暑い日がつづくので、水分補給用にいろいろなウェットフードを試してみようと思います。