漢字の成り立ち、鳴き声で生まれた生き物たち!

「猫」:音読み(ビョウ)、訓読み(ねこ)

鳴き声などによって、漢字の書き方や読み方になっているものがあるようです。

「猫」の場合、

みょう、みょうと鳴いているように聞こえていたので、

みょう=苗

苗(みょう)と鳴く獣なので、けものへん+苗で猫という漢字になったという説があります。

ちなみに、苗という漢字で、私が思いつくのは・・・・?

私がスーパーでよく見かけている字は、豆苗(とうみょう)ですが、

漢字で名前をパッケージに書かれていないと私には見分けがつきません。

下の画像はすべて違う製品です。

豆苗がどれだかわかるでしょうか?

正解が分かる人は、豆苗を栽培したことがある方なのかもしれませんね。

豆苗は①の画像です。

豆苗はキヌサヤエンドウなどの種を発芽させて、モヤシのように育てたものです。

②の画像は、ブロッコリースプラウトです。

その名のまま、ブロッコリーを発芽させたもので、ガン抑制効果の高いスルフォラファンという成分がブロッコリーの10倍以上含まれているとの事で人気急上昇のようです。

③の画像はカイワレ大根です。

大根を発芽させたものです。

それはさておき、漢字の続きです。

「鳩」:音読み(キュウ)、訓読み(はと)


く~く~とハトが鳴いているように聞こえます。

く~(九)と鳴く鳥、そこで、九+鳥で鳩になったそうです。

「鴉」:音読み(ア)、訓読み(からす)

がー、がーと鳴いているように聞こえたようです。

が~(牙)と鳴く鳥、なので、牙+鳥で鴉になりました。

「蚊」:音読み(ブン)、訓読み(か)

耳元でブーン、ブーンと聞こえる虫がいました。

虫+ぶーん(文)で、蚊という漢字が生まれました。

「牛」:音読み(ギュウ)、訓読み(うし)

牛はぎゅーぎゅーと鳴いていたので、音読みが「ギュウ」となったと噂になっているようです。

そお?ぎゅ~なんて聞こえる?