キャットタワーの爪とぎ用のポールの耐久性

キャットタワーの爪とぎ用のポールなのですが、

頻繁に使用する一番下の麻巻きポールは、2か月でこうなってしまいました。

まるで、マンモスの足のようになっています(見たことはないのですが)

麻のヒモが削られているようで、触るとけっこう硬めの毛のようになっています。

しかも、

ヒヨリさんは、それを食べようとします。

食べさせないように、ポールから顔を無理矢理離すと・・・・・

ムスっと、こんな顔をされました。

硬いから食べるとお腹をこわすかもしれませんね。

何か対策が必要のようです。

キャットタワーの爪とぎポール改修

私の家にあるタワーの場合、1本1200円で交換用のポールも別売りされていました。

今のポールを捨てる時は、半分にカットしないと大型ゴミ扱いとなってしまうようです。

2か月でこうなったので、またすぐにダメになりそうです。

他の対策を考えたほうがいいのかもしれませんね。

もしかすると、ヒモの種類を変更すると長持ちしそうな気がします。

こちらの写真は自家製の太った猫ちゃんも大喜びの置き式の爪とぎです。

紙管にロープを巻いていますが、半分はホームセンターで購入した6mmの綿ロープ、残り半分は100円ショップで購入した5mmの綿ロープを巻いています。

4年ほどヒヨリさんが使用していますが、6mmのロープのほうはまだそんなにほつれていません。

ちなみに、5mmのロープはかなりほつれた状態となっています。

今のポールにロープを巻く場合に必要なM数を計算してみます。

ポールの円周の長さをメジャーで測ると26.5cmありました。

ポールの高さが48cm、ロープの厚みが6mmなので、480÷6=80となり80回ポールを巻くようになります。

80回×円周の長さ26.5cmで2,120cm

という事で、ポールを上から下まで6mmのロープで巻く場合は21m20cmの長さが必要のようです。

調べてみると、6mm経で20mの綿ロープは1,200円程度でした。

金額はポール自体を交換した時と変わらないようです。

とはいえ、ロープを巻くのも大変なので、他に何かないか検討してます。

既製品のポール用爪とぎカバー

今のポールに縦34.5cm×横27.5cmの麻のマットを巻き付けて、マジックテープで固定できる製品がありました。

ただ、残念な事に布のポールに取り付けるものなので、今の爪とぎ用のポールの場合は少々長さが足らないようです。

その為、布のポールと麻巻きポールを入れ替えると利用できそうです。

ちなみに我が家のキャットタワーの布を巻いているポールの円周の長さは25.5cmで、麻ヒモを巻いたポールの円周の長さはヒモの厚みがプラスされているので、26.5cmとなっていました。

尚、ポールの円周はキャットタワーの製品によって違うので、確認してから購入する必要がありそうですね。

ということで、今のポールに何か巻けばいいのかもしれませんね。

明日100円ショップにいって何かよい材料がないか探しにいってきます。