キャットタワーの爪とぎポールを低金額でメンテナンス

キャットタワーの爪とぎ用の縄を巻いているポールが、2か月程でボロボロになりました。

食いしん坊のヒヨリさんは、むしゃむしゃとほつれた毛を食べています。

お腹を壊してはいけないので何とかしなければいけないようです。

短期間でダメになるので、低金額で改修できないか100円ショップで材料を購入してきて試してみようと思います。

3段BOX用ジュートカーテン

爪とぎによさそうなジュートの布の製品を100円ショップでみつけました。

布地だけは売ってなく、3段のカラーBOX用のカーテンとして販売していました。

こちらの布と固定用に30cmの結束バンドを購入しました。

かなりのサイズオーバーとなっています。

切るのも面倒なので、折り曲げて使用してみます。

ジュートのカーテンをポールに巻いて、結束バンドで締めようと思ったのですが・・・

長さが30cmの結束バンドでは、ポールに生地を巻くと長さが足らないようです。

長さが足らないので、2本の結束バンドを繋げて固定しようと思います。

2本繋げた結束バンドを3本用意して、柱に固定します。

上、中、下の部分を締め付けて固定しました。

余分なバンド部分はハサミでカットして完了です。

ヒヨリさんの反応はどうでしょうか?

ちょっと様子を見てみます。

バリバリやっています。

・・・・・!!!

爪がひっかかっています。

網戸やカーテンでもだえている、よく見かける猫さんの姿のようです。

・・・・いまいち?

ジュートの布では、爪が引っかかってしますようです。

1週間ほど、このまま試してみましたが、このポールで爪とぎをしなくなりました。

・・・・・失敗のようですね。

ジュートのランチョンマット

100円ショップで、ジュートのランチョンマットを発見しました。

サイズは42cm×32cmとなっており、ポールに巻くのにピッタリサイズのようです。

しかも、裏面が加工されているので、もしかすると爪が引っかからないかもしれません。

さっそく、取り付けてみようと思います。

今巻いてあるジュートカーテンを固定している結束バンドをハサミで切って取り外します。

そしてランチョンマットを巻いて、ガムテープやバンドなどで仮止めします。

上・中・下の3か所の結束バンドで固定する場所を、キリなどで穴を開けて印をつけます。

ランチョンマットを取り外して裏返すと、キリの跡があるので、もう一度キリを差し込み穴を大きくします。

この穴に結束バンドを先に差し込んでから、ポールに巻きます。

仮止め用のバンドかガムテープで固定しておくと、結束バンド固定するが楽になるようです。

結束バンドの先端をランチョンマットの端に穴を開けた部分に通してから締めつけます。

3か所全て締め付け終わると、見栄えを良くする為に、結束バンドの部分が見えない位置になるようにランチョンマットを回転すれば完成となります。

なかなか良い感じに完成しましたよ。

ランチョンマットは最高のようですね。

あとは、猫さんが爪とぎで利用できるかどうかです。

とりあえず、これで様子をみてみようと思います。

注意事項

結束バンドを締めるのに、引っ張りにくいので、ペンチを利用して強く締め付けようとしました。

すると、

「プチッ」と音がして、結束バンドが簡単に引きちぎれてしまいました。

結束バンドを締める時は、手でやったほうが良さそうですね。