我が家の猫をじっとさせる時間別3種の方法

ニイニイ
こちらの画像は、度重なるフリーズから生還したときの表情ですよ。

我が家の猫は外に出かける準備をしていると、足の周りをウロウロして体をスリスリしてくるので、服は毛だらけになります。

そして、玄関の方にむかうと、タターっと先に走っていって、玄関の床のタイルの上で仰向けになってゴロゴロいいながら靴にとびかかってきます。

その為、急いでいる時は猫をじっとさせる為にやっている方法があります。

きっと、犬を飼っている人もやった事があると思いますよ。

我が家の猫をフリーズさせるアイテムその1

ちゅーるをお供えする!

約14gなので、丁度良い時間稼ぎになります。

ただ、ペースト状で、噛む必要もないので、約1分程度しかフリーズ状態が保てません。

その為、外に出た後に忘れ物をしたことに気が付いてドアをあけると、玄関前に座ってこちらを見ている猫さんがいる事があります。

どうする?・・・もう一本いっとく?

我が家の猫をフリーズさせるアイテムその2

最近はずっとこのシリーズのウェットフードを与えています。

内容量が35gとなっており、1回で食べきるのに丁度よい量となっています。

私が知っている最安値は、近所?ちょっと遠くにあるドン・キホーテの58円でした。

こちらは、約5分程度じっとして、一生懸命食べています。

11歳以上用などありますが、パッケージの裏を見比べてみると、フレークが小さめになって食べやすくなり、オリゴ糖などの成分が追加されているようでした。

我が家の猫をフリーズさせるアイテムその3

大きめのビニール袋!

物を買って帰ると、目をランランとさせてビニール袋の中に突っ込んでいきます。

こちらは、約30分程度、ひとりでワシャワシャさせて遊んでいます。

たまにあるビニール袋での悲劇

小さい場所に入るのが好きなので、小さい輪になった部分に入るのも大好きなようです。

その為、悲劇がおこる事があります。

そろそろ、ビニール袋で遊ぶのも飽きたもようです。

頭を出して、

手を・・・・・、

がんばって、手を出して、

締め付けられて、違和感を感じていますが・・・・・

そもまま出ようとします。

・・・が、

後ろ足がビニールで滑ってこけます。

なんとかしようとしていましたが、

そのまま、転げて・・・・

ニイニイ
最後に隙間に挟まって、フリーズしました。