猫の品種別の発生場所

世界には色々な品種の猫がいます。

似たような猫さんもいるので、どの品種の猫なのか分からないくらいほど、たくさんの品種が存在しますね。

もはや、区別がつきませんね。

猫の品種について

猫の品種の発生の要因は、3種類あるようです。

ひとつは住んでいる環境によって生まれてきた自然発生的な種類と、突然変異によって生まれてきた種類、あとは人の手によって意図的に作りだされた種類があります。

環境による体の変化

猫が世界各地に広まってから、それぞれの気候によって体型も変化したようです。

暑い地域の場合は、体の熱を発散さす為に、短毛でスリムで、手足が長くて小顔の猫が多いようです。

反対に寒い地域は、長毛で大柄の種類が多いようですね。

猫の品種の発生地

ヒヨリ
オーストラリア大陸と肉球スタンプって・・・・・

猫の品種別の発生場所になります。

地図記号 国名 品種
イギリス オリエンタルショートヘア
コーニッシュレックス
スコティッシュフォールド
デボンレックス
ハバナ
ヒマラヤン
ブリティッシュショートヘア
ブリティッシュロングヘア
マンクス
ロシアンブルー
フランス シャルトリュー
ノルウェー ノルウェージャンフォレストキャット
トルコ ターキッシュアンゴラ
ターキッシュバン
エジプト エジプシャンマウ
エチオピア アビシニアン
ロシア サイベリアン
アフガニスタン ペルシャ
ミャンマー バーマン
バーミーズ
タイ コラット
シャム
シンガポール シンガプーラ
日本 ジャパニーズボブテイル
アメリカ アメリカンカールロングヘア
アメリカンショートヘア
アメリカンボブテイル
エキゾチックショートヘア
オシキャット
オリエンタルロングヘア
サバンナ
ジャパニーズボブテイルロングヘア
スコティッシュフォールドロングヘア
セルカークレックス
セレンゲティ
タイ
トイガー
バリニーズ
ピクシーボブ
ベンガル
ボンベイ
マンチカン
メインクーン
ラグドール
ラパーマ
カナダ キムリック
スフィンクス
ソマリ
トンキニーズ

今でも品種改良などで、新しい品種が生まれているのかもしれませんね。

日本のジャパニーズボブテイルは自然発生の尻尾が短い短毛の猫です。

そして、アメリカに持ち帰られたジャパニーズボブテイルの突然変異で生まれたのが長毛種のジャパニーズボブテイルロングヘアという種類になりました。

アメリカではいろいろな種類が生まれてきているようですね。