寝ている姿が多い猫ですが熟睡している時間は少ないようですね

寝ることが大好きな、ヒヨリさん12歳です。

人間の年齢でいうとかなりのお年寄りになります。

なので本日もぬくぬくのコタツの中で爆睡中です。

猫の睡眠時間

猫の睡眠時間は14~20時間程度だと言われています。

なので、いつ見ても寝ている姿しかみかけませんね。

もともと野生で生活していた猫ですが、人間に飼われるようになってからは、ある程度人間の生活リズムにあわせてくれているようですよ。

でも、いつも寝ているのでね~。

猫の睡眠状況

ほぼ寝ている我が家の老猫さんですが、ずっと熟睡状態が続いているのではなくて、浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠が交互に繰り返されているそうです。

図で表すと、このようになります。

熟睡しているのは5~6分で、その後浅い眠りが30~60分。これを繰り返しています。

野生時代の習性で敵に襲われそうになった場合にすぐに逃げられるように、熟睡している時間は少なくなっているようですね。

周りを警戒しているので、目はつぶっていても耳はよく動かしているようですね。

レム睡眠について

人間の場合は浅い眠りのレム睡眠の時に夢をみています。

体は寝ているのですが脳は半分起きているので、夢をみたり、体がピクピク動く事があります。

レム睡眠がある動物は人間と同じように夢をみている可能性が高いそうなので、猫も夢をみているようですね。

我が家の猫も、ムニャムニャ口を動かしながら寝ていたり、うにゃうにゃいっている事があるので、きっと良い夢をみているのでしょうね。

まだまだ食欲旺盛の老猫さんでした。