3D文字製作ソフト「ロゴット」を導入

昨年の末に消滅するポイントがあったので、無くなる前にポイントを利用して無料で「ロゴット」というソフトをダウンロードしました。

ロゴットとは

簡単な操作で3Dの文字が製作できるソフトです。

上部バーのヘルプ内に「マニュアル」という項目があるので、クリックすると操作方法を説明したPDFファイルを見る事ができます。

サイズ:製作できる最大サイズは2000×2000ピクセルとなっています。

Font:パソコンに入っているフォントを利用して3D加工ができます。

表面加工:ステン色・ゴールド・木目などもあります。

背景色:色の変換が可能です。

ボタン作成:ブログの記事内でのボタンなども角丸などの加工が可能で製作できます。

出力:出来上がったデータは、BMP形式、PNG形式、TIFF形式で保存可能です。

ロゴットでの気づき

PNG形式でデータ保存するも、背景が透明にできないようです。

なので、Photoshopなどの写真を加工できるソフトを利用すると、合成して面白い作品が出来そうですね。

なお、TIFF形式で保存するとアルファチャンネル付きとなっているので、文字の切り抜き加工が楽になっていますよ。

文字の厚みや表面の仕上げをステンや木目に加工できますが、文字が小さくなったり、解像度を低くすると、3D感がなくなる可能性もありそうです。

文字の切り抜き加工で、背景を透過PNGに簡単に製作できる「手軽に透明png」という無料ソフトもあるようです。

Photoshopなどの加工ソフトを持っていない場合は利用するものよさそうですね。

文字を斜体にして3D加工する事もできるのですが、フォントの種類や表面素材によっては、赤矢印部分のような色抜けのような事も発生するようですね。

ロゴットの標準価格

ソースネクストで、ロゴットのダウンロード版が標準価格が1886円となっていました。

ソースネクストHPはこちら

2006年くらいの製品なので、金額もお手頃でしたが、今ではもっと良いソフトが出ているのかもしれませんね。

安いだけあって、操作方法も簡単でしたよ。

まとめ

Photoshopやイラレのソフトを利用すれば3D加工もできると思うのですが少し手間なので、ロゴットなどのソフトを利用すればかなり時間短縮になりそうです。

ブログ以外でも年賀状やPOPなどにも利用できそうな気がしますね。