矢絣柄のペット服を改造・・・

前日に着てもらった袖に手を通せない小さいサイズの服ですが・・・・

実は同じ種類で柄違いの服をもう1着購入しています。

もう1着は矢絣柄で、大正ロマンを感じさせる衣装となっていますよ。

服を改造

100均で購入した服が小さくて、足に袖を通すことができなかったので、加工用の材料をダイソーで購入してきました。

本日は紐の長さを調整固定できるコードストッパーとリングゴムを利用して加工しようと思います。

リングゴムはヒヨリさんの足を通すのに問題ないサイズのようです。

そこで、服のヒモの部分を利用してリングゴムを取り付けました。

足の部分にリングゴムを通して着てもらいました。

・・・・問題ないように見えます。

でも歩き出すと・・・・

1歩進んで2歩下がり、1歩進んで立ち止まり、の繰り返しです。

足の輪ゴムが気になって、うまく歩く事が出来ないようです。

という事で、残念ながら失敗のようです。

矢絣(やがすり)柄の服

リングゴムを利用して取り付けるのがうまくいかなかったので、ヒモの長さを調節して腰できてもらいます。

まるで、肩パットが入っている服のようですね。

ついでに、ちょんまげヅラも装着してもらいました。

猫草があるのは、目の前に食べ物がないと、すぐにかつらを脱いでしまう為ですよ。

・・・・・もうすぐ、お腹が床につくのでは?

この服もよく似合っていますね~。