花粉症用の鼻炎止めも進化しているようですね

ヒヨリ
えっ?残念な体型ですって!

杉花粉のピークがすぎて、ヒノキ花粉が飛散しはじめるようです。

あと、もう少しという所で、鼻水を止める薬がなくなってしまいました。

ニイニイ
とても、残念です。

という事で、この時期にしか使用しない、鼻炎止めの薬をドラッグストアに買いにいきました。

カプセル状のようなものは、大きすぎて喉にくっつくような感じになり飲みにくいので、錠剤のタイプを私は購入しています。

前回(2年前)購入した製品と同じものを探して購入したのですが、箱が異常に巨大化していました。

内部の錠剤の量も32錠から24錠と少なくなっているのに、持ち帰るのに邪魔になるような、かさばるサイズに変貌しております。

いったい、どういう事なのか?

家に帰って中を確認してみました。

ヒヨリ
中身のチェック!

なんと・・・・中身はスカスカになっていました。

おどろきです。

これは、・・・・どういうこと?

24のところを32に印刷を変えるだけで済むようにして、経費削減?

よく、わかりませんが、箱は無駄に大きくなっていました。

ただ、便利になっている所があります。

2錠中による鼻水を止める成分はそのままで、添加物の量が増えているようです。

飲んでみてわかったのですが、香料が新規追加されているためか、ラムネのような味がして、飲みやすくなっています。

しかも、以前は水と一緒に服用するようになっていましたが、新しいのは、口の中でかむか、溶かして服用できるようになっています。

水無しでいいので、鼻が出てきたらその場で舐めればよく、子供でも嫌がることなく服用できるようになっています。

もうひとつ良いところは、形状が薄く平たくなっていました。

舐めて溶けやすいような形状なのでしょうが、薄くなっていることで、このまま半分に指で簡単に割ることができました。

小さいお子さんには、半錠で十分効果があるような気がするので便利なようです。

私の知らないうちに、鼻炎の薬もいろいろと進化しているようですね。

ニイニイ
ただ、ひとつ残念なところは、箱が肥満体型になっている所ですね。
ヒヨリ
そこには夢がつまっているんだってよ。VIVA肥満体型!