100均で簡単に製作、収納に便利なペットゲート

小型犬やおデブの猫ちゃんに有効なバリケード的要素のドアガードを100円ショップの製品で製作してみます。

最近では会社の事務所内で、放し飼いの小型犬も多く見かけるようになりました。

犬の場合、お客さんが来られてドアを開けると、吠えたり飛びついたり、玄関から外に出たりする可能性があるので、入口に簡易バリケードを設置すると安心できます。

自宅で利用する場合には、玄関前に設置して外への飛び出し抑制や、ふすまやタンスの前に設置すると、猫による開閉防止にも役立ちます。

ニイニイ
上記のような既製品の製品もありますが、自分で製作すると、はてしなく安い金額で利用できます。

用意する製品

100円ショップでワイヤーナット3枚、スタンド1組、ジョイント部品の3種類の製品を購入します。

ワイヤーネット(51cm×33cm)3枚

サイズや枚数は設置する場所で検討していただきますようお願いします。

ワイヤーネット用のスタンド、2個セットで売っています。

購入するワイヤーネットに適した製品を選びます。

参考に画像を添付します。

裏面

お店によって、置いてある製品が違っているかもしれませんが、私が購入した製品は「K-17-12:TK068【ワイヤーネットK68-1】」と記載されていました。

ワイヤーネットをつなげる部品です。

色々な種類が売っていますが、購入するワイヤーネットに適応した部品を選びましょう。

道具無しで組み立て!

ジョイント用の部品をワイヤーネットの端に取り付けます。

上中下の3か所にジョイント部品を取り付けて、用意した3枚のワイヤーネットをつなげました。

ワイヤーネット用スタンドのフックにネットを上から押し込んでネットの両端に取り付けます。

注意点

このスタンドのフックは下記の※の面でないと取り付けられないようになっていました。

ワイヤーネットは外側のフレームにネットを固定している為、※部分のように側面の厚みが違っています。

ジョイント部材の製品やスタンドの製品を固定するときに、この厚みの違いで取り付ける向きの指定がある製品があるので取り付けにくい場合は確認しましよう。

あっという間に完成

ジョイント部分で自由に折り曲げる事が可能です。

折り曲げる事で、さまざまな幅に対応できます。

入口に設置してみました。

わが家の猫には、有効でした。

三つ折りにすると、コンパクトに収納できます。

問題点!!!!

一直線で利用する場合、壁際に設置する場合は問題ないのですが、スタンドの足の片方が短い為に、指で押すと簡単に後ろに倒れてしまいます。

その為に、利用するときは、L字型など、折り曲げて使用すると強度が増して倒れにくくなります。

わが家のような跳ねないおデブの猫や小型犬などには有効なペットゲートとして利用できそうです。

ヒヨリ
以上、玄関に設置してペットの飛び出し防止にも有効な、簡易ペットゲートの情報でした。