トイレやお風呂に入るとドアの前にいるストーカー猫の不思議

ヒヨリ
どすっ、どすっ、どすっ、どすっ

トイレに入ると、外で足音が聞こえます。

ヒヨリさんだけでしょうか?他の太った猫は聞こえないのだろうか?

8kgの体重になると、猫も歩くと足音が聞こえます。走っている時はわかりやすいですが、どすっどすっという音がトイレに近づいてくるのが分かります。

そして、トイレの入り口で音が止まります。

ナナ
おめぇ、肉球の存在がだいなしだな~!
ニイニイ
すっかり、狩りのできないBODYに仕上がってしまいましたね。

しばらくすると、ドアと枠の隙間に爪を入れてあけようとする音が聞こえます。

ドアがしっかりと閉まっていないと、簡単にあける事ができます。

賢い猫は、ドアノブにジャンプしてドアを開けて入ってくるそうです。

ナナ
おめぇ、やすらぎの空間がだいなしだな~!
ニイニイ
ストーカーヒヨリがきょろきょろしながら入ってきますよ。

お風呂場の場合も、同様の事がおこります。

しかし、ヒヨリさんの場合はドアを開けても中には入ってはきません。

水は嫌いなようです。そのまま、入口の前でまっています。

ナナ
いくつになっても、いくじなしだな~!

猫がストーカー行為をする理由

家の中は、住んでいる猫にとっては自分の縄張りの場所でもあります。

しかし、トイレやお風呂場などのドアは通常閉まっている事が多く中に入る事ができない未知の世界です。

又、出入り自由にしている猫の場合でも、人が入ると水が流れる音がして、普段聞こえない音が聞こえる不思議な場所になります。

猫は自分の縄張りの中で、不思議な音が聞こえる場所をチェックして確認したいと思っているようです。

そして、普段開いていない場所が開いていた場合は、中に入ってチェックします。その為、洗濯機や乾燥機の蓋が開いていると入ってみて確認したいようです。

ヒヨリ
この中は布もあって丁度いいサイズの猫ハウスだよね。

基本的に狭くて暗い所がすきなので、猫ベッドやキャリーバックの中で落ち着く猫も多くいるようです。

早朝、お腹が痛くなる原因

最近、朝晩、涼しくなりました。朝はもう寒いくらいです。

その為か、朝方になると猫ベッドから出てきてヒヨリさんが布団の上にのってきます。

おでぶですが寒いのでしょうか?

ただ・・・・

ヒヨリさんの場合、体の上に乗ってくるのはいいのですが、何故か、しばらく仁王立ちのままフリーズします。

4本脚で、8kg体重ですので、1脚2kgの重量がかかります。

2kgの棒で押されているような感じになりますので、脚の踏み場所によっては痛みで目が覚めます。

ニイニイ
片腹痛いですね。
ナナ
お腹にヒヨリの正拳突きがさく裂した感じでっか!

身の程知らずな相手をあざ笑う時に「片腹痛い」と言ったりしますが、この片腹はお腹の場所の事ではないようです。

そもそも、片腹痛い、「かたはらいたい」とは「傍らで見ていて気の毒な様子」という意味で、身の程を知らない相手の言動や行動が見ていておかしくてたまらない・おかしくて見ていられない・はたから見て気の毒だ・嫌な気分になる、などという意味です。

「かたはら」は「傍ら」のことで、それがいつの間にか「片腹」と間違えられて現在に至っているようです。

ヒヨリ
ぼくは、お腹がすいているだけだよ!じっとご主人の上で、ご飯の催促をどうするか考えているんだよ!