猫さんのずりずり移動の尻戦車

ニイニイさんが幼い頃には、よく尻戦車をしている姿を見かけました。

ちなみに、ヒヨリさんはそのような行動をしません。

ずりずり運動などと言われており、正式名称は知りませんが、床にお尻をつけて移動するこの行動を尻戦車(しりせんしゃ)だよと教わりました。

お年寄りになっても尻戦車でGo!

久しぶりに我が家に来て預かっているニイニイさん。

お年寄りになっても、たま~に、尻戦車を行っているようです。

こちらが、尻戦車中のニイニイさんです。

この体の角度がポイントとなっているようですよ。

後ろ足を上に上げ、おケツを床につけ、前足だけを使って前方にずりずりと移動します。

ニイニイさんは、トイレで用を足した後、たまにこの行動をしております。

幼い頃は、畳の上で約30~50cm程の距離を、ずりずりとこの体勢で移動していました。

ただ現在は昔に比べて太ったせいなのでしょうか、それとも筋力が落ちた為なのでしょうか?

10cm程の移動距離となっていました。

その時の貴重な写真です。

それにしても、いまだに尻戦車の行動を行っているのですね。

久しぶりに見ました。

トイレの後にニイニイさんが行っているこの行動ですが・・・・

理由は見たままとなっております。

床を利用してお尻をきれいにしているようです。

一般的に便のきれが悪かったり下痢気味の時に、床にお尻をこすりつけるこの尻戦車の行動をする猫さんが多いと言われています。

・・・・床のタイルカーペットの色の選択を間違えましたね~。

汚れていても・・・・区別できませんね。

ちなみに、ヒヨリさんが尻戦車をしないのは、男の子だからかもしれませんね。

尻戦車の注意事項

頻繁にお尻を舐めたり、お尻を床にこすりつけてずりずりしていた場合は、肛門周りに違和感がある証拠なので、動物病院で診てもらったほうが良いそうです。

お尻が臭う場合は、肛門の左右にある肛門のうに分泌液がたまっている可能性があります。

放っておくと細菌が感染して炎症や化膿を起こして、肛門の左右にある肛門腺が炎症を起こす肛門のう炎になる場合もあるようです。

また、おなかに寄生虫がいて肛門がかゆい場合でもでも尻戦車をする事があるようです。

よく尻戦車をみかける場合は、動物病院の先生に相談したほうが良さそうですね。