飼い猫の性格

野生の猫は単独生活を好むといわれています。

これは、自分が生きる為には、単独のほうが餌を確保するのに役立つ為だそうです。

では、餌の心配のない、我が家の猫さんの場合の性格ですが、

寂しがりやで、用心深い性格となっています。

12歳で8kgほどのオスの猫さんの性格です。

私が部屋にいる時は、だいたい同じ部屋のどこかで寝ています。

今も私の横にある椅子の上で寝ています。

寂しがりのようです。

ちなみに、隣の部屋でゴソゴソしていると、ちゃんと近くによってきます。

部屋にひとりにされるのが嫌いなようです。

その為、長時間外出して部屋に誰もいない場合は、決まった場所にいます。

キャットタワーなどのある部屋ではなく、いつも夜中に寝ている押入の中の段ボールハウスの中で待機しています。

臆病者のようです。

ちなみに押入は猫が出入りするために開けっ放しになっています。

そして、猫の段ボールハウスには猫さんが中にいるかどうかを確認するために、小さく丸い穴を開けています。

家に帰り、人の存在に気が付くと、猫さんは丸い小さな窓から外の状況を確認しているようです。

鼻の白い模様のおかげで、小窓からこちらを猫さんが見ているのが良く分かります。

そして、お気に入りの段ボールハウスから出てきます。

押入の中から出てきて、

今度は私がいる部屋のどこかで寝始めます。

結局のところ、また寝るのですが、人と同じ部屋で寝ているのが落ち着くようです。

なので、我が家の猫さんは寂しがりやで臆病な性格のようです。

飼い猫は餌の心配がないので、数匹飼っても遊び相手が出来て喜びそうな気がしますね。

早朝に、大運動会を開催されそうで、怖いですが・・・・。