知らなかった100均の広角&マクロレンズの使用方法

前回、100円ショップのCANDOで魚眼レンズを購入して我が家の猫を撮影してみました。

ペットを飼っている人はぜひ試してみてもらいたいアイテムだと感じました。

そこで、もうひとつ広角&マクロレンズの商品があったので、購入してみました。

100均のスマホで広角&マクロレンズ

封を開けるとクリップ式になったレンズがついている本体とレンズ用カバーと黒い巾着が入っていました。

広角レンズは背景がより広く写るので、自撮りの時などに役立つアイテムのようですね。

クリップ部分をスマホなどのカメラのレンズ部分に挟むだけの簡単な装着方法となっています。

部品も少ないので、おそらく・・・・大半の人は、箱の裏の説明書などは読まずに捨てるのではないでしょうか。

広角&マクロレンズの注意点

前回購入した魚眼レンズもレンズの大きさの比較用に一緒に撮影しています。

魚眼レンズは1体型ですが、広角&マクロレンズもネジ式となっており、マクロレンズの上に広角レンズが取り付けられています。

広角撮影したいときは、マクロ+広角のレンズで撮影しますが、近距離を撮影したい時は広角レンズを外してマクロレンズのみで撮影するようになります。

なんと、先ほどこの事実を知りました。

レンズが2つに分かれるんですね!

「&」が付いている理由が理解できた瞬間でした。

各レンズの倍率などの数値

100均で購入したレンズの側面に数値が印刷されていました。

魚眼レンズは「180°」

広角レンズは「0.67×」

マクロレンズは何も記載されていなかったので不明です。

撮影した時の比較

普通にレンズ無しで撮影した写真です。

ズームにすると、黒い部分は無くなるのですがズーム無しの広角レンズの写真です。

そして、参考に魚眼レンズの写真です。

マクロレンズでも撮影しましたが、ピントがボケて白いモヤの写真となっていました。

マクロレンズの威力

2018年の戌年の年賀状で、マクロレンズを試してみようと思います。

この年賀状はいろいろな遊び心が隠されていますよ。

「FUJI」(富士)と印刷されています。

これは、普通に肉眼でも見えると思います。

みえるかな~?

「あけまして」「おめでとうございます」と棒の部分が印刷されています。

なんと、マクロレンズで撮影可能のようです。

あまり使用することは無さそうですが、拡大写真の撮影も出来るようですね。

100均のレンズの感想

魚眼レンズで撮影したヒヨリさんです。

・・・・・・目がすわっています。

広角&マクロレンズも魚眼レンズもネジ経が同サイズなので同じクリップに装着する事ができます。

100円製品ですが、これだけ撮影出来ればSNSなどに役立ちそうで、ちょっとお買い得な商品の気がしますね。