老猫の伸びすぎてごつくなった爪も元通り!

我が家の猫の爪の1か所が異常な程成長している事に気が付きました。

・・・・そして、この間、爪がキレイに短くなりました。

問題が解決するまでの過程です。

赤い波線が異常な程伸びて成長していた時の爪の形状のラインで、青いラインが現状の爪のラインです。

2か月程前・・・・爪の内側が急な角度になっていた爪です。

これが、徐々に伸びていきます。

爪が伸びるうちに、内側の厚さが増してきて、最初の画像の青いラインのように、肉球に当たりそうなほどに爪が成長していました。

そして、気が付いた時は、右前足の小指の部分の爪だけが、とてつもなく成長していました。

猫は爪が伸びていくと、爪の内側部分の厚みが増す事がわかりました。

肉球と爪の隙間が狭いので、猫用の爪切りの輪っかの中に爪を通してカットする事ができませんでした。

そこで、人間用の爪切りを利用しようと思ったのですが・・・・

あまりにも爪の内側と肉球が近かったので、傷をつけてしまいそうで、ためらっておりました。

・・・・そのような事を思っていたのですが、この間

コタツ布団に爪の抜け殻が引っかかっていました。

見てみると、小指の伸びきっていた爪がきれいになくなっていました。

13歳となる高齢なので、爪に異常が出始めたのかと思いましたが、大丈夫だったようです。

高齢の為に、爪とぎであまり、小指に力が入らなかったのか?

爪が肉球に刺さるのを心配していたのですが、問題なかったようですね。

最初はカマのような形状をしている爪は、伸びすぎるとイビツナ形状となるようですね。

猫はお年寄りになると、爪の出し入れが自由に出来なくなる事もあるようなので、こまめに爪切りをしたほうがよさそうですね。

ま、元通りの爪の形状になってよかったです。