老猫を預かって分かった事

老猫を預かって5日目になります。

今朝も4時頃から、ヒヨリさんがひとりで運動会をしていました。

そして日中は二匹ともよく寝ています。

緊張による疲れでしょうか?

この日のニイニイさんは夕方の17時頃まで押入の中で寝ておりました。

ヒヨリさんはイビキをかくのでいいのですが、ニイニイさんはしずかに段ボールの中で寝ています。

同じ老猫なので、生きているかどうか心配になります。

のぞき穴から見て呼吸で体が動いているかどうかを確認しています。

メスの老猫を預かって、5日目からの変化です。

争い事がなくなりました。

というよりも、ニイニイさんが唸り声をあげることが少なくなりました。

しかし、ニイニイさんがヒヨリさんに近寄ってくると、ヒヨリさんが逃げるようになってしまいました。

ニイニイさんは危害をくわえようとしているようには見えませんが、どうやら苦手になっているようです。

今までニイニイさんは「う~う~」とうなっていただけなのですが、ヒヨリさんはやはり恐怖を感じていたのかもしれませんね。

そして、お互い距離をとっていた為か、今ではちゃんと各自のなわばりができているようです。

せまい部屋の中に目に見えない縄張りラインが出来ています。

各部屋でそれぞれお気に入りの寝場所が決まっており、お互いその場所で寝る事はないように見えます。

ニイニイさんが我が家に最初に来たときは、隣の部屋の押入の中を占領しました。それ以来、ヒヨリさんは押入の中に入ろうとしなくなりました。

ヒヨリさんの匂いがついているのか、その他のヒヨリさんが寝床にしている所もニイニイさんが使用して寝る事はないようです。

その為ニイニイさんは、私のいる部屋ではベットの上でいつも寝ています。

ようやくニイニイさんもヒヨリさんになれたような気がするのですが、ヒヨリさんが逃げるようになっています。

ヒヨリさんの恐怖心がなくなるまで、仲良くなるのは時間がかかりそうですね。

2年程前にヒヨリさんをニイニイさん宅に預けた時は仲良くしていたそうです。

ヒヨリさんのような人懐こい猫は他の家に預けても大丈夫のようですね。

逆に、ニイニイさんのように人見知りの猫は気を付ける必要があったようです。

昔一緒に生活していた猫さんに対しても威嚇するようです。

ただ、人に対してはすぐになついてくれたのには助かりました。

神経質な猫さんは住む環境が変わるとイライラして他の猫さんにたいして凶暴になるようですね。

それがこの間まで仲良くしていた猫さんでも同様の事がおこるようです。

猫を飼っていて他人の猫を預かる場合などは、猫が寝る場所を複数設置してあげると逃げ場所が出来るので役立つようです。

そして、預かった猫さんと人間が早く仲良くなるには、ブラッシングが有効だとわかりました。

あとは、ヒヨリさんのメンタルの回復のようです。