猫トイレの設置場所とオト

マンションで猫を飼う場合は、においなどの事を考えると、トイレの設置場所で悩んだりします。

玄関・ベランダ・リビング・風呂場など候補にあがるのですが、、思っていたより猫のトイレのサイズはBIGなんですよね。

我が家の猫トイレの場所

我が家のアパートは築年数が結構経過している年代物件で、お風呂場のスペースが多少広くなっていました。

ちょうどよかったので、猫のシステムトイレもお風呂場に置いています。

システムトイレが水で浸水しないように、床にレンガを置き、その上にスノコを置き、猫用トイレを設置しています。

良い点はシステムトイレを丸洗いする時にとても便利ですね。

ふびんな所は、お風呂上りは床が濡れているので、猫さんは用を足すのに、恐る恐る足を濡れている床につけてトイレまで歩いています。

猫トイレの設置場所の基本

猫のトイレは静かで安心できる場所に設置してあげるのが猫からすると最適のようです。

玄関に設置した場合は、人の出入りがありドアの開け閉めの音などで嫌がる事があるそうです。

テレビの近くなど、音が出る近くに設置するもの落ち着いて用を足せないようです。

又、猫の寝床や食事場所の近くもNGといわれています。

音による影響

猫さんがトイレの中で用を足している時に、大きな音がした場合、そのトイレを利用しなくなったり、他の場所でそそうをする事もあるようです。

例えば、トイレの側で物を落とした時の大きな音や、テレビからの大きな音、雷などの音も影響を受けるようですね。

音でビックリした猫はそのトイレは危険だと思い使用し無くなる事もあるので、最悪の場合は、トイレを新しいものに買いなおして様子をみるのも検討したほうが良いそうです。

・・・・なるほど。

猫がトイレを利用している時は、静かにして聞き耳をたてるようにしたいと思います。