猫さんの尻尾が真下にだらんと下がる瞬間

キャットタワーの一番したにあるハウスです。

何故か、猫さん達は入ってくれません。

2個ある入口のひとつを段ボールで蓋をする事によって中を暗くしてみました。

そして、座布団を敷いて座り心地がいいようにしてリニューアルの完成です。

隣の暑い部屋の押入で寝ているニイニイさん用に作ってみました。

こちらの部屋のハウスはエアコンがきいているので涼しいよ!

しかし、興味をもったのはヒヨリさんでした。

いままで、無理矢理押し込んでも入らなかったのに、自分で頭を入れて中を確認しています。

どうやら、中に入っていきそうです。

やはり、暗くて狭い場所が好きなようですね。

ゆっくりと足を動かして中に入っています。

ヒヨリ
ふん!ふん!ふん❣

もう少しで、体が全て中にはいれそうです。

ご機嫌なのか、尻尾も跳ね上がりそうな形をしています。

その時、

ヒヨリ
あ~~~~~~!!!!

タワーのハウスと布団の隙間に足が落ちていきました。

布団の角は思ったよりも柔らかく、滑りやすいようですね。

ヒヨリさんにとっても、予想外の出来事のようです。

なんとか、踏ん張って、体勢をもとにもどしました。

思いもよらない出来事に、尻尾がだら~んとなってしまいました。

中に入ってから、体をクリルとまわして、外を見渡せるようにして落ち着きました。

ハウスの中を暗くしたから入ってくれたのか?

ニイニイさんの出現で、自分の縄張り場所を確保したかったのでしょうか?

よくわかりませんが、ヒヨリさんがこの場所のハウスをたまに利用してくれるようになりました。

ちなみにニイニイさんは、キャットタワーに設置しているハンモックやハウスの中には全く入ってくれません。

不思議ですね。

ハウスよりも隣の部屋の室温32℃の押入の中で寝るのが大好きなようです。