我が家の12歳の猫の体調の変化について

雑誌などで、猫は10歳になると年寄りで、毛並みが悪くなって背中を丸めて歩いているような絵をよく見かけていました。

そして、10歳以上は老年期となり、平均寿命が15歳となっているようです。

ですが、

我が家の猫は12歳となりましたが、昔と変わらず元気に歩いています。

ただ、背中を丸めて歩いていませんが、まん丸になって寝てはいます。

そして、たまに首を丸めて床のにおいをかぎながら歩いています。

まるで、犬のように・・・・?

床に何か落ちていないか、調査していているのでしょうか?

12歳の猫に視力について

視力は衰えていないようです。

私の視力は0.4程度ですが、私よりかは良く見えているようです。

2m程離れて猫が座ってこちらを見ているようですが、私には猫と目があっているのかどうかは、ぼやけて分かりません。

猫がいるのに気が付いて私が視線を猫の方に向けると、「ニャ」と鳴いて近づいてきます。

我が家の猫は遠くにいるときにじっと顔を見つめていると、鳴いて近づいてくるので、私よりも視力がよいようですね。

運動能力について

若い時とほぼ変化はないように感じます。

というか、若い時とかわらず一日中寝ているのでよく分かりません。

その為、運動能力がすぐれているのかも不明です。

ひとつ分かっていることは、体重が重いのであまり無理な運動をしない性格です。

食欲について

昔と変わらず旺盛です。

ただ、最近はウェットフードを与えて食べ終わると、すぐに寝床に行って寝るようになりました。

今のお気に入りはモンプチの35gの製品で、我が家の猫が一度に全て食べれる最適な量となっています。

たまに「ちゅーる」を与えますが、・・・・これは物足りないないのか、食べ終わってもそのへんを歩いています。

便について

毎日しなくなりました。

便秘気味になり、2~3日おきにまとめて便をするようになりました。

腹筋が弱ってきているのか、少しづつ便をだすようになり、1回出し終わるとウンチハイで走り回り、フンの処理をするとまたトイレに戻ってきて、がんばっています。

その後ウンチハイが3回ほど繰り返します。

トイレの中のふんの処理をしないと猫がトイレの前で鳴いて処理を催促されます。

性格について

歳をとると甘えん坊になるのか、ひざの上によくのって寝ることが増えました。

食事の時間について

今も昔も変化なく、朝の5時に食事をしています。

猫が12歳になったときの変化

変わったところは、便秘がちになったことと、目やにがひどくなった事です。

あと、今年になってよく「にゃ~、にゃ~」とよく鳴くようになりました。

その他の、大きな変化はみられないようです。

今も猫はひとりで、床に落ちていた・・・・・・ストラップ?で遊んでいます。

急いで没収しましたが、こういう物が落ちている時があるので、首をまるめて歩くようになったのかも知れませんね。

・・・・気を付けよう!