ビンゴ5とラグビーワールドカップの関係

深夜のTVで、「宝くじのビンゴ5を10万円購入したら、いくらになる?」という企画をしていました。

ビンゴ5って何?

ビンゴ5は、8つのマスの中にある5つの数字の中から、1個ずつ選んで、当選数字で8ライン中でビンゴラインが何個できるかで当選金額が変わってきます。

上の画像の右側のマークシートに記入して買うようになります。

1本ラインが成立すると、200円となり、2本以上のラインは当選本数により金額が変動するようです。

ちなみに、1本ラインがそろう確率は、1/7となっています。

深夜番組の結果

番組内のプロが当選するコツとしてあることを言っていました。

「対角線上にあるマスの数字の合計が「41」になる事が過去のデータでは約6割ありました」

つまり、1を選ぶと40、7を選ぶと34、13を選ぶと28が当選しやすいという過去データがあるようです。

それらの事を踏まえてくじを10万円分購入していました。

その結果は、約6万円程の当選金額となっていました。

驚く事に結構当たっていますよ。

よし、買ってみよう!

毎週水曜日が抽選日のようです。

1枚200円、マークシートに鉛筆で記入して購入しました。

販売額は、278,860,600円となっており、そのうちの200円は私が貢献しています。

そして、結果です。

1等の8ラインが成立したのが2口あり、1口の金額は9,475,500円となっていました。

右側の数字が当選番号で、赤い字が対角線の合計数字です。

私が購入したくじは、3と27の2個が一致しましたが・・・・・、

1ラインも成立しませんでした。

あっという間に、チリとなってしまいました。

それにしても、対角線の合計が41になっている部分は一つもないようですよ。

2019年ラクビーワールドカップ

そこで、気になったのが、くじの真ん中上部に書かれている文字です。

ラクビーワールドカップ2019協賛くじと印刷されており、右下にもマークがあります。

なんと、ビンゴ5の収益金の一部は来年日本で開催されるラグビーワールドカップの開催支援に充てられているそうです。

で、納得したのがビンゴ5のCMです。

そ~いえば、お笑いのカミナリがラグビーのユニフォームを着てCMしていました。

なるほど、そういう関係性の意味があったのですね。

でも、ラグビーなら、高校時代に2人共ラグビーをしていた、サンドイッチマンでもよかったのではないかと思ってしまいます。

ちなみにカミナリは学生時代に1人はサッカー、もう一人はバスケをしており、中学時代にはバスケで全国大会に出場した事もあるとの事です。

ただ、バスケをしていたのは、TV画面右側の背の低いツッコミ担当の石田たくみさんになっています。

ツッコミのあの手のスナップはバスケ仕込みだったんですね。

尚ラグビーのマスコットも決定していた事を知りませんでした。

公式マスコットは2匹いて名前は「レン」と「ジー」あわせて「レンジー」とのことです。

聖獣の獅子がイメージされており、白い髪が親のレン、赤い髪が子のジーとの事です。

2019年ラグビーワールドカップは、2019年9月20日~11月2日まで、全国12都市で行われるます。

来年になったら、マスコットの姿をよく見かけるようになりそうですね。