室内飼いのペットの入浴後の毛を乾かすのに便利なアイテム

ヒヨリ
い~い、〇だな!・・・い~い、〇だな!
ニイニイ
・・・日光浴ですね。

毛の短いタイプは、3カ月に1回程度、毛の長いタイプは月に1回くらいがシャンプーする目安といわれています。

ただし、食欲がない時や、元気がない時はシャンプーは控えたほうがよさそうです。

暴れる可能性があるので、怪我防止に爪は事前に切っておき、長毛種の場合は被毛をとかして毛のもつれを取っておくときれいになります。

そして、乾かすために吸水性の高いタオルやできるだけ音の静かなドライヤーなどを利用して乾かします。

ドライヤーの音を嫌がる猫には、ゲージに入れてから軽めにドライヤーをかけるとよさそうですが、ゲージが熱くならないように注意が必要です。

そんな時に丁度良いお悩み解決の製品もあります。

ヒヨリ
ちゃらららっちゃら~ん!ペットドライルーム!!!!


お風呂あがりのペットを乾かす作業は、飼い主さんにとって大変な作業です。

猫の場合は、しきりに体を舐めまくっているかもしれません。

また、猫や犬などのペットの多くはドライヤーの音を嫌がり、乾かされることにストレスを感じている子もいるようです。

そんなペット達がお風呂あがりも気持ちよく過ごせる空間を実現させたのが、ペットドライルームのようです。

製品サイズは幅720mm×奥行470mm×高さ480mmで猫には十分の大きさですが、犬の場合は中型犬までしか使用できないので注意が必要になります。

ニイニイ
分かりやすくいえば、大きめのキャリーバックに音が静かなドライヤーの風を送風誘導管を通して送り込む事で、キャリーバックの内部を温めて濡れた毛を乾かすことができる製品ですね。

温度は低温設定の時は25℃~30℃程度で、高温のときは30℃~40℃程度になります。

小型犬であれば、2匹同時にご利用頂くことも可能で、多頭飼いの方にオススメのようです。

専用ドライヤーには3段階の選べるモードを搭載しており、季節、使用シーンに合わせてお好みのダイヤルの選択が可能になっています。

ナナ
心地よい風で、音に敏感なペットのストレスを少なくする静かさのようです。
ニイニイ
高温モードで、長毛タイプなら約25分、短毛タイプなら約15分程度で毛先から根元までムラなく乾きます。

ドライルームはコンパクトに収納ができ、ファスナーの上げ下げだけで設置と解体ができる簡単設計で、室内でペットが過ごせるお部屋としても利用できるようです。

ヒヨリ
これで、お風呂の回数が増える可能性があるよ。とっても危険な製品だね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました