猫さんお食事中に「ぼろぼろぼろろ」

こちらは台所に設置されてある、猫さんのお食事コーナーです。

大・中・小の大きさの粒の3種類の餌が混ぜ合わさっています。

ヒヨリさんは夢中でほおばっています。

そしてこの反対側に流し台があります。

流し台に立っていて、振り返ろうとして片足を後ろに下げた時に、たまたまヒヨリさんが食事をしていた事がありました。

もろに、尻尾を足の裏で踏んづけてしまいました。

すると、

「ボロボロぼろろ!」

と音がして、猫さんの口から餌の粒が床に落とされました。

痛くて鳴こうとして口を開けた時に、ほおばっていた餌が放出されたようです。

床にマットを敷いているので、あまり痛くは無かったと思うのですが、ビックリして口が開いたのかもしれませんね。

ごめん、ごめん。

見えにくいですが、ヒヨリさんはこのような歯並びをしています。

分かりにくいですが、けっこうデコボコな歯並びとなっています。

ニイニイさんにも口を開けてもらいました。

こちらはお上品なきれいな歯並びをしています。

3種類の餌を混ぜているせいか、大きな粒を噛み砕いている時に小さい餌が口の外にこぼれ落ちるようです。

よく、床に餌が落ちています。

おそらくヒヨリさんの口から落ちたのだろうと思われます。

その為、最近は3つのお皿に別々に種類の違う餌を入れる事にしました。

数日様子を見てみました。

餌が床にこぼれ落ちる事がなくなりました。

そして、不思議な事にまんべんなく餌を食べているようです。

2匹の好みが違っているので、均一になくなっているようですが、1匹になるとどうなるのか不明ですね。

分かった事は、大きな粒の餌を食べる事で、小さい粒の餌も噛んで食べるようになりました。

昔は飲み込んでいたのに、変化するのですね。