エアコンのドライ・冷房で小銭を節約、自分の家はどっち?

当ブログには、プロモーションが含まれています。

もう、エアコンのフル回転の季節になりました。

ニイニイ
お金が飛んでいきますね。

夜中もエアコン使用していないと目がさめたりします。

あまりにも部屋の温度が下がると、猫は部屋から出ていきます。

ヒヨリ
財布の中も、体も冷え冷えだよ!

エアコンの設定はドライ・冷房どちらが金額が安いの?

エアコンには、「冷房」「暖房」「ドライ」のボタンが一般的にあると思います。

以前何かのテレビで、冷房よりドライを使用したほうが経済的との情報を得ました。

なるほど、なるほど、そーなのかとの事で、昨年もドライを使用していました。

ドライでも+2~-2℃の設定があるので、それなりに涼しかったからです。

 

ある日、ラジオでエアコンのドライと冷房の設定についての事をいっていました。

なんとエアコンのドライには2種類存在するとの事です。

「弱冷暖房除湿のドライ」と「再熱除湿のドライ」があるそうです。

弱冷房除湿は室温に影響の少ない程度に水分を結露させ取り出してゆっくり空気を冷やす方法。

再熱除湿は急速に空気を冷やして水分を取り出した後に空気を暖めなおして排出する方法。

再熱除湿は暖房と冷房を同時に処理するので、電気消費量が多いのでお金がかかるとの事です。

ヒヨリ
そんなの聞いてないよ~!

電気の消費金額でいうと 弱冷房除湿のドライ<冷房<再熱除湿のドライ の順になって再熱除湿のドライが一番お金がかかるようです。

 

自分の家のエアコンはどっちなんだろう

エアコンの説明書を見れば、ドライのタイプが再熱除湿か弱冷房除湿かがわかるそうです。

しかし、賃貸住宅なのでそんな説明書はもらった記憶がありません。

ヒヨリ
不動産の人から渡されたのは、リモコンだけだね。

リモコンにもドライの字が出るだけで、どちらのタイプかわかりません。

 

ふとみると、リモコンにDAIKIN ARC446A4と番号が書いてあります。

さっそく、ネットで検索!

リモコンの画像がずらずらと出てきました。???・・・・・・!

ヒヨリ
どうやら、リモコンの品番だったようですね。

 

エアコンの本体に品番が書いてあるか見てみます。すると

消費電力

定格冷房0.500kw
定格暖房標準0.450kw
定格暖房低温0.830kw

このような表示がありました。この定格暖房低温がドライの事かなと思い調べてみました。

どうやら、外の気温が規定温度より寒い時に暖房を使用して消費する電力のようです。

ドライじゃなくて、暖房の消費電力のようだね。

 

しょうがない、品番でネットで検索してみます。

エアコンが古すぎてカタログも出てきませんでした。しかし、再熱除湿機能があるのは、エアコンの上位モデルのみのようです。

しかもリモコンの表示に「カラッと除湿」や「さらら除湿」とか書かれているのが再熱除湿の表示のようです。私の家のリモコンにはドライの表示のみです。

ヒヨリ
安物のエアコンのようですね。

ということは、私の家のエアコンのドライは弱冷房除湿タイプのドライなのでしょうか?

どうも、違うようです。

2011年までの製品はドライは再熱除湿機能のようです。

そして、東日本大震災後に電力不足解消に出来たのが、電気代の安い弱冷房除湿タイプのドライとの事です。

エアコンの底面に製造年月日が書いてあるシールがあります。

2008年製と書いてあります。

私の家のエアコンは、ドライの方が電気代がかかるようです。

今年は、冷房をかけようと思います。

ニイニイ
エアコン使用反対!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました