本日の気付き、老猫は猫草を食べると便秘解消効果があるのでは?

ヒヨリさんは11歳になる、老猫です。

猫草を栽培しているケースは、カーテンレールに引っ掛けて、猫の手に届かない所に置いてあります。

ニイニイ
ヒヨリさんにカーテンをよじ登る腕力はありませんよ。
ナナ
自分の重力に負けて、途中でニャンニャン助けをよぶようになるな。

しばらく猫草が出来上がっていなかったので、与えていませんでした。しかし、猫草のほうをじっと見て床に座っているので、まだ育ちきっていないのですが与える事にしました。

喜んで、ワシャワシャ食べています。


その後、3時間後くらいして、ヒヨリが廊下を走りまわっています。

トイレで用を足した後のようです。

ヒヨリ
お花を摘みにいったんだよ!

フン処理をするべく、システムトイレに行ってみると、大量の糞がありました。

猫は歳をとると便秘ぎみになるといいます。

人間の場合、キノコを食べると便通がよくなるといわれています。

キノコ類にはβグルカンという不消化多糖が含まれており、人間にはこのβグルカンを消化する酵素がないので消化できません。でも、なんとか消化しようと消化菅が動き副交感神経を刺激しつづける事で腸の活動がよくなり、便秘解消効果があらわれます。

ヒヨリのお腹の中でも、同じ事がおきたのではないでしょうか?

ニイニイ
たまたまでしょ!
ヒヨリ
改造手術しているから、たまはないけどね!

猫は、肉食の為、植物の草を消化するだけの腸は持ち合わせておりません。猫草という異物のおかげで腸が活発になって、便通がよくなったのではないでしょうか!

ニイニイ
偶然ですよ。きっと。
ヒヨリ
すっきり、爽快だよ。もちろん。頭の中ではライザップの曲が流れているよ!

猫草の種をまいて、食べるまで成長するのに10日程かかりますが、猫に与えると1週間ももたないので、早々に次回の猫草用に種を植える作業を開始します。

老猫になると、寝てばかりで運動もしないので、腸も活発に動かないのかもしれません。

猫が歳をとると、猫草は必須アイテムですね。

最近では、猫じゃらしでも動いてくれないようになりました。

ヒヨリ
僕は、そんな物では、もう動きませんよ!
ニイニイ
もう、老眼なのかもしれませんよ!見えていない可能性もありますね。