カレー味のカールとウラキャラコーンの食べ比べ!勝者は?

茶色いパッケージの生産中止になったカールのカレー味。

その横に写っているのが、茶色いパッケージの東ハトのウラキャラコーンのカレー味。

その端にかすかに写っている茶色い物体はヒヨリさんです。

ウラキャラコーンのカレー味は、2017年10月2日より全国発売されていたようです。

もうカールは食べられないという事で、味の違いなどを食べ比べてみようと思います。

ヒヨリ
カールの賞味期限が切れそうだからだね!

そうそう、食べ物には賞味期限というものがあるのですよ!

ネットで2倍近くの金額で売られているカールのカレー味もそろそろ賞味期限がきれるのではないだろうか?

ニイニイ
注意が必要ですよ。

お皿に反応するヒヨリさんです。

やる気満々ですが・・・・

ヒヨリさんには、猫草を用意しています。

袋の大きさはどちらも同じくらいでした。

成分の比較ですが、内容量がちがうので一袋当たりでの栄養成分の違いです。

カール カレー味 東ハト カレー味
一袋の内容量 66g 70g
エネルギー 325kcal 432.8kcal
たんぱく質 4.8g 2.8g
脂質 14.0g 33.0g
炭水化物 45.1g 31.2g
ナトリウム 570mg 430.5mg
食塩相当量 1.4g 1.1g
ニイニイ
まあ、お菓子好きな人は、栄養成分なんて気にしませんよ。

製品一粒の大きさの違いです。

肉厚がウルキャラコーンのほうが、細くなっています。

形はキャラメルコーンで味がカレーなので、大きさは想像がつくのではないでしょうか。

では、味の違いです。

カールのほうは、しっかりとスパイスが効いています。ほんのりとした辛さがあとに残る感じですが、ウラキャラコーンのほうは、ややあっさりしたカレー味になっています。

カールは、1個のサイズが大きいので、口の中で噛んだ時にカールの中の空気がもれ鼻に抜けるので、よけいにスパイシーだと感じる気がします。

逆に、ウラキャラコーンはコンパクトなので、食べやすくなっています。

その為か、ウルキャラコーンは歯に詰りにくく、指に着くスパイスの量がカールに比べて少なったような感じがします。

ウラキャラコーンでは、ローストガーリックの味わいをきかせる事で、あとひきあるこくうまなカレ味に仕上げたそうです。

カールのほうが味がしっかりついていますが、2つを食べ比べなければ、味の違いに気が付かないのではないでしょうか?

ヒヨリ
というか、もうすでに、カールのカレー味を覚えている人はすくないと思うよ!
ニイニイ
・・・・・・ご主人は食べ過ぎて気分がわるそうですよ。

それでは、我が家のカレー味のお菓子No1を、ヒヨリさんに代弁してもらいます。

個人的には、カールのカレー味のスパイスのインパクト感が大好きですよ。

ヒヨリ
・・・・・?

ヒヨリ
なにか?・・・チーズ味がまざっていますよ。
ニイニイ
ウラキャラコーンもチーズ味を販売したそうですよ。

ニイニイ
ヒヨリさんは、あたらいいものが好きですよね。
ヒヨリ
それじゃ~!

ヒヨリ
これ!決定!

我が家のカレー味のお菓子の王者が決定しました~!

天狗製菓のピリカレー!!!

昭和のお菓子って感じがしますが、あとをひくスパイスで、やめられない止まらないカレー味のお菓子の一番はやはりこれではないでしょうか?

ヒヨリ
カールのカレー味がなくなっても、我が家は大丈夫だね!

スポンサードリンク