我が家の猫のコタツ内でのハプニング

本日もコタツの中でまったりしている我が家の猫さんです。

ドーナツクッションは必需品ですね。

そんなヒヨリさんにアクシデントが起こります。

猫の爪について

こちらは、ヒヨリさんの前足をぷにっと押して飛びださせた爪になります。

爪の先が90℃に近い感じで曲がっており、まるで、登山で使うピッケルのようですね。

猫はこの爪を靭帯の力で伸ばしたり、引っ込めたりする事ができます。

犬の場合はこのような機能がないので、歩くときに爪が床にあたってカツカツと音が出る事がありますが、猫は爪を引っ込めて静かに歩く事ができるので獲物を捕まえるのに役立っています。

でも、お年寄りになるとこの機能が悪くなり、爪が出っぱなしになる猫さんもいるそうですよ。

そんな時は歩くのに邪魔にならないように、こまめに爪切りが必要のようですね。

尚、12歳のヒヨリさんは、今のところ問題ないようです。

コタツの中で問題発生

ある時、コタツの中で、「カツッ・カツッ」という音が聞こえてきました。

中を覗いてみると、ヒヨリさんのピッケルのような爪がコタツのヒーターの網に引っかかって取れなくなっていました。

不思議なもので、爪が何かに引っかかると、引っ張るという行動しか取りません。

爪を少し押すと外れるのですが、そのような考えは全然ありません。問題事が起こると対処する行動はひとつだけのようですね。

その為、自分で外すことが出来ないので、飼い主さんが取ってあげる必要があります。

これは・・・・ヒヨリさんだけに起こる事なのでしょうか?

ヒーターに爪がひっかる理由

いつもどおり、コタツの中で寝ているのですが・・・・

寝相がわるいのか、

仰向けになって寝ている事があります。・・・・多々あります。

その時にヒーターが赤くなっている部分を触ろうとしたのか?それとも寝ぼけて手を伸ばしたのか、運悪く絡まってしまったようですね。

そういえば、去年も同じような事が何度かありました。

あっ、だからドーナツクッションをヒーターの真下に置いて、猫がヒーターの真下で仰向けになって寝ないようにしていたような気がします。

そうか!その為に置いていたクッションだったようですね。

これかは、ちゃんとヒーターの真下に置いておくようにしようと思います。