世界陸上だから、おデブな猫が全力疾走してみました。

深夜の世界陸上のテレビを見ていて、みんなスタイルがいいのに驚いています。

ニイニイ
皆さん、足がながい!

しかも、腹筋われていますよ。

女性の選手がお腹を出しているのは、腹筋を自慢したいのかと思うほどです。

というか、なんで女性はお腹を出しているのか?

女性は胸があるため、お腹を出しているデザインのほうが空気抵抗が少ないとの事です。

ヒヨリ
本当?

砲丸投げの選手とかは着ておらず、多くの女性の選手が着ているので、本当なのでしょうね。

100mなどの走る種目は足が長くないと、金メダル取れないんじゃないかと思うくらいです。

ウサイン・ボルトの身長は196センチです。

ある程度の身長は必要なのかもしれません。

日本では西洋文化が入ってきてから食文化が流動して肉食が増え、栄養が豊富になった事もあり、日本の子供も平均身長が高くなっていましたが、ここ数年で数値の上昇がなくなってきたそうです。

遺伝子の限界のようです。

ということで、足の短いヒヨリさんの全力疾走の動画を投稿してみました。

体重が重いので、走ると足音が聞こえます。

あっという間なので、注意がひつようですよ。

今回、ヒヨリさんの生鳴き声も聞けます。

おデブらしく、高い声で鳴いています。

ニイニイ
走り去ったあとに、バリバリと音がしているのは、爪とぎをしている音ですね。
ナナ
知ってる!チーターって脚がながいんだよ!
ヒヨリ
やっぱり、脚が長くないと早く走れないんだね!