行きはよいよい、帰りは怖い、猫のかぎ爪

ヒヨリ
バタンッ! きゅ~ぅ~
2・9・Q~~
ニイニイ
歳をとると、横になってから、眠るまでが速いですね。

猫の足の裏です。

肉球は汗をかく場所との事ですが、触ってみると結構サラサラしています。

ヒヨリさんは、11歳の巨体です。

最近、押し入れの中の2階部分に置いてあった段ボールの中に無許可で寝ています。

押し入れの2階部分は、床から80センチの高さになっています。

普通の猫には問題ない高さですが、ヒヨリさんは少々体に重力がかかりすぎるので、乗り降りしやすいように、高さ40センチの椅子を押し入れの入口においてあります。

ニイニイ
老猫対策ですね。
ナナ
おでぶ対策ですよ。

以前、スロープのほうが利用しやすいだろうと思い、2mの長さの木の板を斜めにして、押し入れの2階部分と床をスロープの板で渡れるようにしてみました。

結果は、利用してくれませんでした。

ヒヨリ
残念!

どうやら、滑るようです。

木の途中に猫を持ち上げておいてみましたが、怖がって飛び降ります。

肉球のかすかな湿り気では、ツルツルと仕上げられた表面の木の板は登れないようです。

という事は、キャットタワーのように木の板をロープでグルグル巻きにする必要があるのでしょうか?

そ・れ・は、・・・・・・・無理!

しかも木が長くてじゃまなので、踏み台となる椅子を置くことにしました。

猫は、かぎづめのような形状の爪の為、引っ掛けて登る事は得意ですが、降りる為には都合がよくない形状のようです。

その為、高い所に登っても降りる為には飛び降りるのが多いようです。

たまに、木に登って降りられない子猫の映像を見たりしますが、それは、経験不足の子猫が木によじ登り降りられなくなった為のようです。

ヒヨリさんは、案外おバカなので、布に引っ掛けた爪を振りほどく方法は一つしか知りません。

思いっきり手を引っ張る事です。

布に食い込んだ爪はそれではなかなか取れません。

ニイニイ
そんな時は、とびっきりの可愛い声で鳴いて助けを呼んでいますよ。

声のするほうに行ってみると、カーテンに宙ぶらりんになっているヒヨリの姿があります。

以外に手が長い動物であった事に驚きます。

スポンサードリンク