猫の顎の下をさすってあげると、お友達になれる理由

田舎に帰ると、必ずあるであろう、孫の手。

背中をかくのに手がとどかないので、利用する先人の知恵のアイテムです。

なぜ、田舎にはあるのか?

人間、40歳をすぎると、体の水分が減少して、少々干からびてくるらしいです。

ヒヨリ
ほんとう?
ニイニイ
乾燥肌ですかね。

肌が乾燥するとかゆくなる確率が高くなります。しかし、背中に手が届きません。頻繁にかゆくなるので、孫の手を購入するという構図が出来上がるようです。

ニイニイ
昔、おじいさんの小銭入れには、猿の手といわれた作り物のキーホルダーが付いていましたよ。
ヒヨリ
何それ?ホラー話?
ニイニイ
3つの願い事をかなえてくれる魔法のアイテムというおとぎ話にちなんで製作されたのかな?
ヒヨリ
3つの願い?ごはん・睡眠・食事!
ナナ
食べて、寝て、食べて?ますます太るね!

猫も頭や顎の下をさすると、気持ちよさそうにします。

猫の頭や頬、顎の下には、強い臭いの液を分泌する臭腺(しゅうせん)があります。臭腺の部分は猫にとっては、比較的むずかゆい場所といわれています。

その為、壁や家具などに臭腺の場所をこすりつける事で、縄張り用の臭い付けと、ムズかゆさの解消ができる一石二鳥の行為のようです。

体が柔らかい猫は、ほとんどの場所を自分でなめる事ができます。

しかし、頭の上や顎の下などは、自分でなめる事ができないので、ムズかゆさの解消ができません。

その為、人間が頭や顎の下をさすってあげると、気持ちよさそうな表情をしてくれます。

頭や頬の部分は家具などに自分でこすりつけて、かゆさの解消ができますが、顎の下は自分で何かにこすりつけて解消できないうえに、食事などで汚れやすい場所のようです。

よって、顎の下さすると猫は喜びます。

猫の動きを止めるには、顎の下をさすってあげればよいようです。

ニイニイ
ミートを入れたお皿を床に置いても、ヒヨリさんは動きを止めて食べていますよ。
スポンサードリンク