ハロウィン帽子の猫用フレームの作成

10月頃になると、100円ショップでハロウィン関連のグッズがたくさん陳列されていますね。

クリップが付いていて髪にとめるアイテムもたくさんあります。

・・・・・猫さんにピッタリなのではないでしょうか?

似合いそうなので、購入してみました。

ヒヨリさんの反応は・・・・・

帽子を見ると、叩き落としています。

被り物が嫌いなので、何か身の危険を感じているようです。

ただ、毛が短いのでクリップは利用できないので、何か加工が必要のようです。

猫の頭の採寸

ヒヨリさんの頭の形を採寸してみます。

立体的なので、トイレットペーパーを頭の上にのせて、耳の部分をハサミで丸くカットしてみました。

これで、曲面の頭の長さがわかります。

トイレットペーパーを広げて、長さを測ります。

ちなみに、ヒヨリさんの頭まわりは30cmほどになっていました。

このデータから、

猫の帽子用のフレームのイメージを作ってみました。

これで、フレームをつくるのに費用なワイヤーの長さが判明しました。

丸い輪の部分に耳が入るようになり、ワイヤーの長さは約47cm程必要のようですね。

猫帽子フレームの作成

100円ショップでワイヤーを購入してきました。

あとは、60φ程度のガチャのカプセルを用意して、フレームをつくってみようと思います。

ワイヤーを50cm程度の長に切って、楕円形にしてみます。

カプセルに巻き付けて締め付けます。

60φ程度の製品なら、コップなどでも対応できそうですね。

同じように反対側も輪っかにします。

ちょっと、デコボコしていますが・・・・こんなものでしょう。

帽子の底面に付いていたクリップにワイヤーを挟み込んで固定します。

輪っかの部分を曲げて出来上がりです。

曲げ具合は、1回猫に被ってもらって調整が必要のようですね。

ハロウィン猫のお披露目

ヒヨリさんにかぶせてみました。

・・・・・茶色いワイヤーだと目立たなくて良いような気がしますね。

頭をフリフリしていますが・・・・

ギリギリ、落ちないようになっているようですよ。

サイズ的に、ヒヨリさんの頭にピッタリな帽子のようですね。

ハロウィンシーズンは、ペットの被り物がたくさん販売していて楽しいですね。

次は何を購入しようかな?