扇風機の風と猫のいびき

寝ています。

部屋の中の温度計が30℃ほどになっています。

猫が喜ぶ室温

ぽかぽかの窓際の椅子の上で寝ています。

撫でるとそれなりの温かさとなっているのですが・・・・暑くないのでしょうか?

毛だらけの猫さんは気持ちよさそうにイビキをかいて寝ています。

しばらくすると、椅子から下に降りて、仰向けになって寝ています。

クールダウンなのでしょうか?

数分後、椅子の上に戻って寝ています。

何回か椅子の上と下で寝るのを繰り返していましたが、その後、水をたくさん飲んでいました。

汗はかいているのかもしれませんね。

私は少し暑いので、エアコンのスイッチを入れてドライにしてみました。

エアコンの冷たい風が嫌いなヒヨリさんは部屋から出ていきます。

そして、隣の部屋で頭を壁に付けて何かを寝言でいいながら寝ていました。

まだ、この程度の暑さの場合は扇風機を利用したほうがよさそうですね。

風にあたると涼しく感じる理由

人間の場合は、気温が30℃の室内にいると暑く感じます。

まさに今の我が家の室温です。深夜になっても室温が下がらないような気がします。

逆にお湯の温度が30℃のお風呂に入った場合は寒く感じます。

不思議ですね。

これは、空気と水の熱を伝える伝導率の違いが大きく影響しているそうです。

水と空気の熱伝導率を比べると、水は熱を伝える能力が空気の20倍以上もあります。

体温より低い温度の30℃のお風呂に入った場合は、体の熱がどんどん奪われてしまうので寒く感じます。

逆に空気は熱を伝える能力が低く、体の周りにある暖かい空気が肌を包んでいるような状態となっているのでじっとしていると暑く感じるようです。

その為、扇風機などの風を利用して、体温で暖かくなった肌の周りに停滞している空気を動かして入れ替える事で、涼しく感じるようになります。

そういえばペットのひんやりグッズに、熱伝導率が高いアルミ板やステンレス板などで体の熱を奪って体温を下げる効果の製品がありますね。

毛で覆われた猫さんも扇風機をあてると涼しく感じるのかもしれませんね。