高齢猫は骨折しないように工夫しているようです

室内で飼われている猫は、昔に比べると運動能力が低下していると聞いた事があります。

昔は2階から飛び降りてケロっとしている猫が多かったのですが、今では骨折する猫もいるそうです。

でも、土の土間がアスファルトで舗装されたりすると、飛び降りた時に骨折する猫も増えるような気もしますね。

猫は7歳をこえて高齢になると、栄養不足の食事や運動不足などの影響で骨粗しょう症になりやすいそうです。

骨粗しょう症になると、骨折する可能性も増加します。

カルシウム、タンパク質、ビタミンDなどの栄養は一般のカリカリフードで大丈夫そうなのですが、問題は運動不足ですね。

おもちゃなどを利用して運動してもらう必要がありそうですね。

又、昔に比べると、猫のフードの質が良くなっているので、ぽっちゃり体型の猫が多いのも骨折が多くなった理由の一つのような気がしますね。

そして、我が家の猫さんは体重が重くなってからの経験値が豊富なので、キャットタワーからも慎重に降りています。

できるだけ、下側に前足を引っかけて、着地した時に体重が足にかからないようにしています。

かしこいですね~。

なお、飛び降りようとしている高さは、65cmほどです。

少しの高さですが、体重が重いと、いろいろと考えながら降りていくようですね。