我が家のマーライオンと猫の反応

シンガポールで会談があるということで先月頃からよく、マーライオンの映像をTVで見かけます。

なんと我が家にも、マーライオンの置物があります。

果てしなく昔にシンガポールにいった時に購入したものですが、当時は大小さまざまなマーライオンの置物がお店に並んでいました。

その中で、お手頃な大きさのものを選んだ・・・ような気がします。

マーライオンについて

シンガポールのシンボルとして観光スポットとなっており、体がマーメイドで頭がライオンの形をした神様になります。

シンガポールのシンガは獅子という意味でもあるように、昔からライオンは重要な動物とされていたようです。

1964年にシンガポール政府観光局の主導のもとに、マーライオンが観光の為につくられて設置されました。

写真と見比べると我が家にある置物はよくできているようですよ。

マーライオンの置物にプラスの細工

実物のように、水を出しているイメージにしてみようと思います。

という事で、ブルーの荷造り用のヒモと卓上扇風機を用意しました。

きっと、猫は大喜びしてくれると思います。

現在、猫さんは奥の段ボールの中で薄目を開けてこちらを不思議そうに眺めています。

荷造り用のヒモの使い方

こちらのヒモはぐるりと周りをビニールで養生されていたので、真ん中部分にボールペンで穴を開けました。

ピンセットなどで、ヒモの端の部分を引き当てて引っ張りだします。

使用後は端をガムテープなどで固定して保管します。

荷造り用のヒモは内部から使用し始めるのが一般的ですが、・・・・今時このようなヒモを利用する事が少なくなったので、もう必要のない知識なのかも知れませんね。

水が出ているイメージで猫大喜び?

ブルーのビニールひもをライオンの口の牙に結んで固定しました。

後ろ側から、卓上扇風機の風をあてて、ヒモをなびかせてみました。

どう?・・・猫ちゃん大喜び?

どう?・・・・猫ちゃん大はしゃぎ?

どうも・・・・・反応がうすいですね!

昔は、扇風機のカバーにこのヒモをくくりつけると、大はしゃぎしていたのですが・・・・

もう、大人になったので、冷静になったのでしょうかね。

マーライオンの噴水用のヒモも元気なさそうに見えます。

実物と同じような水がでる演出をしてみましたが、猫さんにはいまいちだったようです。