メスの老猫を預かり2日目

久しぶりの我が家に来たニイニイさん。

まさかの威嚇にたじろぐ一匹と一人・・・・二日目の状況です。

今日は初心にもどって、ニイニイさんにかまわないようにしてみます。

・・・・・・

といいつつも、押し入れから出てこないので、姿も見る事ができませんが。

そのころ、お気に入りの押入から追い出されたヒヨリさんは、

クーラーの効いた部屋の中でしんみりしています。

威嚇されるので、お気に入りだった押し入れの中に入る事ができないようです。

ただ日中暑いので押入の中にずっといて、大丈夫かなと思っていました。

そして洗面所にいってみると、

ニイニイさんが占領しておりました。

涼しい場所をゲットしていたようです。

・・・・・・

この顔は、どうなの?・・・・怒ってる?

・・・・・・

近づいてみましたが「う~う~」と威嚇されません。

・・・・・・ほぅ。

大丈夫そう?

手のこうを猫さんの鼻に近づけてみました。

・・・・・・

クンクンと手の匂いをかいでいます。

・・・・どうやら、大丈夫のようです。

きのうはあんなに威嚇されたのに、思い出してくれたのでしょうか?

とりあえず、おやつを与えて、ご機嫌をとっておきました。

そのあと、ヒヨリさんが近づいていきました。

ニイニイさんは「う~う~」と威嚇し始めました。

どうやら、人間は大丈夫ですが、猫は嫌いなようです。

以前一緒に住んでいたヒヨリさんを忘れてしまったのでしょうか?

12歳のメスの猫さんはデリケートのようですね。

さて、どうしたものか?

ヒヨリさん、嫌われてますよ。

社交的なヒヨリさんはニイニイさんを追いかけるので、一度キャリーバッグに入ってもらいました。

覗き窓から、ガン見しています。

これで、ニイニイさんに部屋の隅々まで探検してもらいましょう。

ヒヨリさんの姿を見ると、「う~う~」いいながらも、一通り各部屋の状況を見てまわっていました。

その後、押し入れの中に戻っていきました。

自分のいる場所の確認作業が完了したようです。

それにしても、どうするヒヨリさん?

そんなヒヨリさんの今の楽しみのひとつ。

ニイニイさん用の高級なカリカリを食べる事です。

ニイニイさんは体調を崩して以来、高級なフードを動物病院の先生に勧められているようです。

やはり、高級だと美味しいようで、この皿のフードだけが減っていきます。

・・・・・・

どうする?

・・・・・・

よし、こっそり混ぜちゃいましょう。

さて、ヒヨリさんはメス猫さんと仲良くなることができるのでしょうか?

明日に期待します。