100均の魚眼レンズで猫を撮影

12月ですので、いろんなカレンダーが並んでいます。

犬や猫など、ペットのカレンダーも種類がたくさんあり、その中に犬の鼻を巨大に「もわっ」とした写真もありました。

100円ショップの魚眼レンズ

100円ショップのCANDOで魚眼レンズ(108円)を購入しました。

これで、ヒヨリさんも鼻の部分が「もわっ」と巨大化した写真が撮れるのではないでしょうか?

家に帰って引き出しを開けたところ、さきほど見かけたパッケージが・・・・

スマホで魚眼レンズが2個になりました。

そーいえば、春頃に同じような事を考えて購入したものの・・・・うまく撮影できなかったような・・・・・それで引き出しの中に収納してしまったような気がします。

今回はがんばって「もわっ」写真を撮影したいと思います。

デジカメに取り付け

今回は現在使用していないデジカメに両面テープで取り付けてみようと思います。

魚眼レンズのクリップ部分をノコギリで切りました。

この台座の枠に溝がありレンズを回して固定する事ができます。

カットした部分に両面テープを貼って、余分な部分はカッターで削除しました。

デジカメにペタっと貼って完成です。

電源を入れるとレンズ部分が飛び出してきます。

魚眼レンズを固定した台座に回して取り付けました。

・・・・もっとキレイに台座をカットしておけばよかったと少々の後悔。

電源を切ってレンズが引っ込んでも問題ないようです。

デジカメのモニターを見るとこのような感じとなっています。

魚眼レンズで撮影!

・・・・・こんな感じとなりました。

カメラを被写体にかなり近づけないと鼻デカにならないようです。

これで、鼻とカメラとの距離は5cm以内となっています。

もう巨体の猫さんなので体全体を入れて鼻デカ写真を撮るのは、この製品では難しいのかもしれませんね。

カメラのズーム機能を使うとフレームの黒い部分は消えてなくなるのですが、魚眼レンズとしての効果も無くなるようです。

被写体との距離を近くしないと面白い写真にならないのでカメラを近づけるのですが、このデジカメではピントを合わせるのが大変で、半分はピンボケ写真となっていました。

100円製品ですが、ある程度は「もわっ」とした巨大な鼻の写真が撮る事ができそうですね。

ただ、ずっといろいろな撮影した写真を見ていたせいか、もう私の目には違和感のない写真として見えいますよ。