キャットタワーを好きになってもらう為にした事とおデブな猫の秘儀発見

猫さんは今日も熟睡中です。

キャットタワータワーになれてもらうために・・・

キャットタワーにまだ慣れていない為か、木で造られたハウスにはあまり入ってくれません。

不思議です。

小さい頃から、段ボールの箱などは大好きなのですが、密閉度が低い為でしょうか?

という事で、タワーの真ん中部分に、段ボールのハウスを設置してみました。

入口部分は100円ショップのサークルカッターで直径15cmの穴を開けました。

これは、最高で直径15cmの円まで開口できる商品でした。

尚、刃が短いので段ボールなどの厚みがあるものは1回で切れないようです。サークルカッターで1度なぞって、印を付けた後にカッターナイフで切って穴を開けました。

なので、きれいな円には切れていませんよ。

段ボールの中には、収納ケースと座布団を入れています。

これで、ハウスが3個になりました。

段ボールハウスに入る事で、キャットタワーに慣れてくれるといいのですが。

しばらく見ていたのですが・・・・

追加して段ボールハウスを設置しても、目線より上にある為か、気が付いてもらえません。

そこで、床でウロウロしている所を捕まえて、キャットタワーに乗せました。

ギリギリの開口寸法の為、お腹をこすりながら・・・・

後ろ足で踏ん張って中に入ってくれました。

相変わらず、段ボールハウスが大好きなようです。

中でゴソゴソしており、しばらくして、入り口から顔をだしました。

そして・・・・・・そのまま、おちてしまいました。

顎を何かに乗せて眠るのが、とても大好きな猫さんです。

太った猫が狭いスペースを通り抜ける秘儀

キャットタワーの真ん中に段ボールに穴を開けたハウスを設置したので、あることに気が付きました。

お腹が出ている猫は、いろいろと工夫して生活しているようです。