毎年恒例のクリスマス仕様のハノーバー電車

この間キラキラ光って走っている電車を見かけました。

毎年クリスマスが近づく頃にみかけますが、走行している姿は今では貴重な映像となっているようですよ。

広島電鉄のクリスマス電車

クリスマス前になると広島市内で広島電鉄のクリスマス電車が走っています。

私が見た時は、トナカイの着ぐるみを着ている人がクリスマス電車を運転しており、電車の中ではサンタクロースが・・・・ウロウロしていました。

内部もいろいろな飾り物がキラキラしているようですね。

クリスマス電車

キラキラ輝いている電車ですが今年は2018年12月6日~12月24日まで運行するようです。

「ハノーバー電車238号」がクリスマス電車として利用されているようです。

2018年12月14日(金)~16日(日)に開催されている「ひろしまドイツクリスマスマーケット2018」でスタンプラリーを実施しており、参加された方の中から抽選でクリスマス電車に乗車する事ができるようです。

姉妹都市ハノーバー

広島市は1983年(昭和58年)6月27日にドイツのハノーバー市と姉妹都市提携しています。

1988年に姉妹都市提携5周年を記念して広島市からハノーバー市へ組み立て式の茶室を贈呈しました。

その返礼として、1989年にハノーバー市から広島市へ電車が寄贈され、この電車が通称ハノーバー電車と呼ばれています。

その時の礼文が電車の側面に「姉妹都市ハノーバーから広島市民のみなさんへー心をこめてー」と表示されています。

現在はこのハノーバー電車は営業運行はしておらず、今回のクリスマスなどのイベントで運行しているようです。

その為、走行している姿は貴重な映像のようですよ。