猫がコードを噛むのでワイヤレスイヤホンに!

暖かくなってきたので、コタツの中から出てくることが多くなった我が家の猫です。

でも、ひざの上にのってきます。

私はとっても、あつ~ございます。

イヤホンコード大好きヒヨリさん

パソコンからイヤホンでラジオや音楽を聴きながらキーボードを叩いている事が多いのですが・・・・。

白くて細いひも状のものが大好きな猫なので、舐めたり、

噛んだりしてきます。

ブルートゥースワイヤレスイヤホン購入

イヤホンの線を噛んで引っ張ってくるので、ワイヤレスのブルートゥースイヤホンなるものを購入してみました。

片耳の製品も考えたのですが、ひもが全く無いと耳からイヤホンがズレて落ちる可能性がありそうなのでこちらを選んでみました。

箱の中身はこんな感じになっており、イヤーピースが沢山付属されていました。

我が家の猫は白いひもが大好きなので、黒い色のイヤホンにしました。

これをパソコンにつなげてみようと思います。

Windows10での接続設定

接続はとっても簡単でした。

ブルートゥース機能があるパソコンであれば接続できるのですが、まず、①の画面右下の四角い部分をクリックします。

②の接続という部分をクリックします。

ブルートゥースイヤホンのベアリングのスイッチを押すと、③の部分にイヤホンの機種名が表示されて設定完了です。

これで、イヤホンの電源をONにすると、パソコンのスピーカーから音はでなくなり、ブルートゥースイヤホンから音が出て、電源を切るとパソコンのスピーカーから音が出るようになりました。

良い所は、10mまで離れても音が出るので家のどこにいてもラジオや音楽やメールが届いた音がパソコン経由で聴こえるようになった事で、しかも猫にひもを引っ張られなくなりました。

残念な所は、USBで充電するのですが、連続で約6時間ほどしかもちませんでした。

イヤーピースについて

今回購入した製品に、たくさんのイヤーピースが同封されていました。

こちらは昔からよく見るツルンとしたタイプのイヤホンの先端につけるゴムですが、遮音性が高いので、音質重視の音楽などを聴くのに最適な密閉型イヤーピースとなっています。

そしてこちらは、半密閉型のゴムの製品になります。

段差をつける事で周辺の音が聞こえるように設計されているので、スポーツ中や通話中に最適なイヤーピースとなっているようです。

なんとなく、2種類の製品がある事は知っていましたが、ちゃんと用途が分かれていたのですね。