残念!福屋限定2018カープ年賀状

福屋限定のカープ年賀状

昨日のお昼に福屋八丁堀本店で、年賀状を購入しました。

カープ12選手+胴上げシーンを含む13枚で税込み1,620円となっています。

お店につきました。

1階の入り口付近で販売していました。

人が並べるように、コーンなどが置かれていましたが・・・・?

誰一人として並んでいませんでした。

福屋本店の近所にある、ダシ道楽の自販機のほうが人がならんでいました。

・・・・2人でしたが。

もはや、年賀状の時代はおわりつつあるのでしょうか?

メールやLINEで年賀状を送る時代のようです。

福屋限定 われらのカープ2018年賀はがきセット〈販売場所、販売数量〉
■八丁堀本店1階 正面玄関特設会場(5,000セット)
■広島駅前店1階 東玄関特設会場(7,500セット)
■各分店 ギフトサロン(福屋呉店400セット、福屋岩国店80セット、福屋三次店300セット、福屋西条店800セット、福屋宮内店200セット、福屋大竹店100セット、福屋浜田店20セット、福屋焼山店300セット、五日市福屋1,000セット、尾道福屋800セット)
■福屋オンラインストア(5,000セット) ※11/9頃完売したようです。
購入はお1人様5セットまでとなっています。

売れ残るのでは?・・・大丈夫でしょうか?

しかし、相変わらず、メルカリなどで1枚200円とかでバラ売りされていました。

福屋のオンラインストアでは、2017年12月3日朝10時から、カープ承認のコラボ福袋2018を先行予約販売するようです。

限定1200個のようです。これもすぐに売り切れるのでしょうね。

年賀状について

裏面の印刷は、光沢をおさえたマット状の印刷になっています。

・・・・・・

年賀状でも画像を利用すると著作権にひっかかるかどうかは置いといて、

この解像度であれば、光沢紙の年賀状で、自分で画像を加工して家庭用のプリンターで印刷しても製作できる気がします。

ネットで見る印象ではとってもきれいな画像になっています。

おそらく、このデータを印刷すると少し明るさが暗くなった年賀状に仕上がっているのだと思います。

金額がリーズナブルだからでしょうか?少々、残念ですね。

販売価格がアップして紙の質を上げたものに印刷したものも別に販売されるのを来年期待することとします。

もうひとつ残念な事があります。

表面の真ん中の少々下部分にうすい横のラインが印刷されています。

これは、横書きで宛名などを書きなさいというラインなのでしょうか?

できれば、縦書きで書きたいので、入れて欲しくないラインでもあります。

年賀状のマナー

年賀状は縦書きが基本で、横書きは目上の方や両親、ビジネス上のお付き合いのある方などへは失礼にあたるとされています。

宛名面には近況などを書かないのがマナーですが、通信面に全面印刷して書く場所がない場合などは、宛名面の住所の邪魔にならないように配慮が必要になります。

住所などの数字は、縦書きなら漢数字、横書きなら算数字を使用します。

近況報告を書く事を考えると、もう少し横ラインが上にあったほうが個人的にはバランスがよいと思うのですが。

別にラインはこちらで印刷すればよいので、やはり、邪魔なラインですよね~。

横書きで書くとこんな感じでしょうか。

その他のカープの年賀状について

カメラのサエダで、カープタイプの年賀状が多数ありました。

広島アスリートマガジンの表示がモチーフとなった、2018カープ年賀はがき12枚セットもありました。